通算打率現役トップの27歳が決勝打含む2打点 首位NCが連敗を6で止める<韓国KBOリーグ>

決勝打を含む2本のタイムリーを放ったパク・ミンウ(写真:NCダイノス)

14日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノス-KIAタイガースは8-3でNCが勝利。首位のNCは10月8日から続いた連敗を6で止めました。2位のKTウィズが敗れたため、ゲーム差を5.5に広げています。

NCは3回裏1死一、二塁で3番パク・ミンウ選手が、一、二塁間を破る痛烈な打球のタイムリーヒットを放って先制。NCはこの回さらに2点を追加し、3-0としました。

NCは4回にも1点を追加し、4-0となった2死一、二塁の場面では先制タイムリーを放ったパク・ミンウ選手が、今度は三遊間を抜くタイムリーヒット。いずれも初球を打ってのタイムリーでこの日2打点目を挙げました。

27歳のパク・ミンウ選手は5年連続打率3割を記録。今季も3割3分9厘(リーグ6位)をマークしています。

通算打率も3割2分9厘で歴代2位。現役ではトップです(3,000打席以上)。守りでも守備範囲が広い、韓国を代表する二塁手として活躍しています。

◆「イ・ジョンフ、シーズン最多二塁打タイ」

キウムヒーローズのイ・ジョンフ選手がKTウィズ戦で今季47本目の二塁打を放ち、2018年にジャレド・ホイング選手(元ハンファ)が残したシーズン最多記録に並びました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月14日(水)の結果

・トゥサン 2- 1 ハンファ(チャムシル)

 勝:イ スンジン

 敗:キム ミンウ

・KT 3- 5 キウム(スウォン)

 勝:チェ ウォンテ

 敗:ペ ジェソン

・サムスン 2- 1 SK(テグ)

 勝:イ スンヒョン

 敗:キム テクヒョン

・ロッテ 3- 0 LG(プサン)

 勝:サンプソン

 敗:イム チャンギュ

・NC 8- 3 KIA(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:キム ヒョンス

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。