KT再び単独3位 ファン・ジェギュンが4安打3打点の活躍<韓国KBOリーグ>

4安打3打点のファン・ジェギュン(写真:kt wiz/初報から差し替え)

25日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

スウォンKTウィズパークのKTウィズ-KIAタイガースは7-3でKTが勝利。KTは先発のオドリサメル・デスパイネ投手がKIA打線を7回途中まで2失点に抑えて、15勝目を挙げました。

打線では2番のファン・ジェギュン選手が15号2ランを含む、4安打3打点の活躍を見せています。

この日、KTと同率3位で並ぶLGツインズが敗れたため、KTは今週日曜日以来の単独3位に。首位NCダイノスとのゲーム差は5.5で、1位NC、2位キウムヒーローズ、3位KTと歴史が浅い3チームが上位を占めています。

◆「SK7連敗から脱出。ハンファ5連勝」

9位のSKワイバーンズは延長11回までもつれる激闘を制して、連敗を7でストップ。10位のハンファイーグルスも延長10回裏サヨナラ勝ちで、連勝を5に伸ばしています。両チームのゲーム差は1.5で下位争いもし烈です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

この日、サムスン戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月25日(金)の結果

・トゥサン 3- 4 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ チェフン

 敗:ユ ヒグァン

・キウム 6- 8 SK(コチョク)

 勝:イ テヤン

 敗:ヤン ギヒョン

・KT 7- 3 KIA(スウォン)

 勝:デスパイネ

 敗:チャン ヒョンシク

・ハンファ 6- 5 ロッテ(テジョン)

 勝:チョン ウラム

 敗:ソ ジュンウォン

・NC 7- 1 LG(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:イム チャンギュ

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。