30日の韓国KBOリーグは通常の5試合に加えて、前日のサスペンデッドゲーム、そして1カードがダブルヘッダーで行われました。

チャムシルでは雨天により1時間以上の中断、チャンウォンでは開始時間を2時間弱遅らせて始めるなど、複数の球場が雨の影響を受けています。

天候に左右されないコチョクスカイドームで行われたキウムヒーローズ-サムスンライオンズは、キウムが3-2で勝利。

キウムは先発のジェイク・ブリガム投手(元楽天)が7回2失点で5勝目。バッテリーを組んだイ・ジヨン選手が3安打を放ち、チームの全得点となる3打点を叩き出しました。

イ・ジヨン選手は2回に1死一塁で先制のタイムリー三塁打。1-2で2点を追う5回裏には2死満塁でライトへ2点タイムリーを放ち、この一打が決勝打になっています。

走塁能力が高く、満塁での打率が5割を超えるイ・ジヨン選手は、この日自らの持ち味を存分に発揮し、チームを勝利に導きました。

◆「SK監督、9月1日から復帰」

SKワイバーンズは6月25日の試合中、ベンチ内で卒倒し、救急搬送されたヨム・ギョンヨプ監督が9月1日から現場に復帰すると発表しました。ヨム・ギョンヨプ監督は成績不振による過度なストレスなどで、2ヶ月の安静が必要と診断されていました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

30日、2軍戦はありませんでした。次の試合は9月1日のハンファイーグルス戦です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全6試合の結果です。

◇8月30日(日)の結果

・LG 4- 1 トゥサン(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:キム ミンギュ

・キウム 3- 2 サムスン(コチョク)

 勝:ブリガム

 敗:ライブリー

・KIA 5- 8 KT(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:デスパイネ

 敗:キム ギフン

・KIA 7- 5 KT(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:イ ミンウ

 敗:クエバス

・ロッテ 6- 2 ハンファ(プサン)

 勝:サンプソン

 敗:サーポルト

・NC 7- 4 SK(チャンウォン)

 勝:シン ミンヒョク

 敗:イ ゴンウク

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。