頼れる36歳の決勝打でKIAが首位NCに勝利 同率4位に浮上<韓国KBOリーグ>

チェ・ヒョンウ(写真:KIAタイガース)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドのKIAタイガース-NCダイノスは、両チームとも外国人投手が先発。

KIAアーロン・ブルックス投手、NCドリュー・ルチンスキー投手ともに、今季8試合目の登板となったこの試合。いずれも3失点で2番手以降に託し、試合は3-3の同点で終盤へと突入しました。

7回裏、KIAはヒットと2つの四球で無死満塁のチャンスを作り、打席には3番のチェ・ヒョンウ選手。チェ・ヒョンウ選手はNCの3番手、左腕のイム・ジョンホ投手が投じた、カウント1-2からの外へのスライダーに軽く合わせて打球は三遊間へ。これがレフト前ヒットとなって二者が生還し、KIAが勝ち越しに成功しました。

試合はKIAが8回にも2点を追加し、7-4で勝利。20勝に乗せて貯金3、キウムヒーローズと並ぶ同率4位に浮上しました。

決勝打のチェ・ヒョンウ選手は5月下旬から調子を上げ、6月の打率はここまで4割1分2厘。9打点を挙げています。

◆「オ・スンファン、日米韓400セーブ達成」

以下の既報通り、オ・スンファン投手がトゥサン戦で今季初セーブを挙げ、日米韓通算400セーブを達成しました。

4-3で1点リードの9回裏にマウンドに上がったオ・スンファン投手は、4番ホセ・フェルナンデス選手にファールで11球粘られた末に四球を与えるなど、打者5人に対して2四球、1イニングに27球を要しました。

最後の打者、6番イ・ユチャン選手にも4球連続ファールの末、6球目を三塁ファールフライに。ドキドキの中での400セーブ達成となっています。

(関連記事:元阪神・呉昇桓、日米韓400セーブ達成 韓国復帰後初セーブ

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

LGツインズとの2軍戦に2番センターで先発出場し、5打数2安打1打点でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が5試合の結果です。

◇6月16日(火)の結果

・トゥサン 3- 4 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ ジグァン

 敗:キム ガンリュル

・キウム 5- 7 ロッテ(コチョク)

 勝:ノ ギョンウン

 敗:ヨキッシュ

・SK 5- 6 KT(インチョン)

 勝:キム ジェユン

 敗:ソ ジンヨン

・ハンファ 5- 9 LG(テジョン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:チャン ミンジェ

・KIA 7- 4 NC(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:イム チャンミン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。