お目覚めチェ・ジョンの2連発 主砲のサヨナラ弾でSKが連敗を4でストップ<韓国KBOリーグ>

2打席連続の4号サヨナラ弾を放った主砲のチェ・ジョン(写真:SKワイバーンズ)

14日の韓国KBOリーグは全5試合と、13日に特別サスペンデッドゲームとなったハンファイーグルス-トゥサンベアーズの3回裏途中からが行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-KIAタイガースは、両チームの先発投手が好投。SKはイ・ゴンウク投手がKIA打線を5回2安打無失点に抑えました。

一方、KIAの先発、エースのヤン・ヒョンジョン投手も、SK打線を7回2安打に抑え10三振を奪います。

しかしSKは3回、2つの四球で得たチャンスで、1番キム・ガンミン選手が左中間に二塁打を放ち2点を先制。さらに6回には3番、主砲のチェ・ジョン選手が左中間に13試合ぶりとなる3号ソロを運び、SKは3-0とリードしました。

4連敗中のSKに待望の勝利が見えてくるも、KIAが終盤に粘りを見せ、7、8、9回と1点ずつを挙げて3-3と追いつきます。

同点で迎えた9回裏、SKは1死ランナーなしで前の打席に久々のホームランを放っている3番チェ・ジョン選手。

チェ・ジョン選手はKIAの2番手ホン・サンサム投手に対し、カウント2-1からの4球目、低めの直球を軽く右方向へ。打球は右中間のホームランカップルゾーン最前列に飛び込む4号サヨナラホームラン。SKが主砲のお目覚め弾で勝利を飾り、連敗を止めました。

プロ16年目、33歳のチェ・ジョン選手はこの日の1本目が通算338本塁打となって、イ・ホジュン現NCコーチを抜いて、通算本塁打数が歴代4位になっています。

◆「ハンファ、連敗を18でストップ」

以下の既報通り、ハンファはトゥサンに勝利し、5月23日から続いた連敗を、歴代ワーストに並ぶ18で止めました。

(関連記事:地獄の18連敗から脱出 ワースト記録は免れるも苦境のハンファに日本のOBたちも心配

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

ハンファ2軍との試合に2番ライトで先発出場。打撃成績は4打数無安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。あす15日は試合がありません。

◇6月14日(日)の結果

・LG 10- 6 ロッテ(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:サンプソン

・SK 4- 3 KIA(インチョン)

 勝:ハ ジェフン

 敗:ホン サンサム

・ハンファ 3- 2 トゥサン(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:パク チョンギ

・サムスン 12- 0 KT(テグ)

 勝:ウォン テイン

 敗:ソ ヒョンジュン

・NC 9- 5 キウム(チャンウォン)

 勝:イム チャンミン

 敗:ヤン ヒョン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。