地獄の18連敗から脱出 ワースト記録は免れるも苦境のハンファに日本のOBたちも心配

サヨナラ安打のノ・テヒョン(写真:ハンファイーグルス/初報から差し替え)

5月23日の敗戦から3週間、白星から遠ざかっていたハンファイーグルスは、14日のトゥサンベアーズ戦にサヨナラ勝ちし、連敗を18でストップ。KBOリーグの最多連敗記録更新を免れた。

(関連記事:リーグ35年ぶりの18連敗。ハンファが球界創成期のワースト記録に並ぶ

これまでのKBOリーグのワースト連敗記録は、リーグ発足4年目の1985年にサムミスーパースターズが記録した18。ハンファは35年ぶりにその記録に並んだところで、連敗が止まった。

ハンファとトゥサンの2回戦は前日13日の17時に始まるも、降雨のため2度にわたって中断。計1時間46分の中断の末、「特別サスペンデッドゲーム」となって、14日の14時に3回裏ハンファの攻撃から再開となった。

(関連記事:18連敗中のハンファ、降雨中断による「特別サスペンデッドゲーム」で記録の行方は明日に持ち越し

14日、試合は3-4でハンファが1点を追う3回裏から再開。ともに1点を挙げて4-5として迎えた7回裏、ハンファは2番チョン・ウンウォンが2点タイムリー二塁打を放って、6-5と逆転に成功。

しかし8回表に同点にされて迎えた9回裏、5番ノ・テヒョンのサヨナラ安打で7-6として連敗を18で止めた。

◇ハンファの18連敗の記録

<1>5月23日 0- 3 NC(チャンウォン)

<2>5月24日 5- 10 NC(チャンウォン)

<3>5月26日 0- 3 LG(テジョン)

<4>5月27日 4- 15 LG(テジョン)

<5>5月28日 0- 3 LG(テジョン)

<6>5月29日 6- 8 SK(インチョン・SK)

<7>5月30日 3- 9 SK(インチョン・SK)

<8>5月31日 4- 6 SK(インチョン・SK)

<9>6月2日 3- 15 キウム(テジョン)

<10>6月3日 2- 6 キウム(テジョン)

<11>6月4日 3- 7 キウム(テジョン)

<12>6月5日 2- 13 NC(テジョン)

<13>6月6日 2- 14 NC(テジョン)

<14>6月7日 2- 8 NC(テジョン)

<15>6月9日 3- 9 ロッテ(プサン・サジク)

<16>6月10日 2- 12 ロッテ(プサン・サジク)

<17>6月11日 0- 5 ロッテ(プサン・サジク)

<18>6月12日 2- 5 トゥサン(テジョン)

2017年にハンファで打撃コーチを務め、現在は京都先端科学大学で硬式野球部監督を務める中島輝士氏(57)は、「今もハンファのことは気になる」と話し、ハンファが連敗していることを知っていた。

中島氏は自身の経験から「監督は大変だと思う。私も台湾(統一セブンイレブン)で監督だった時に、10連敗を経験して大変だった。しかし何かやろうとして動こうとすると逆効果になる。監督が選手を信じて頑張って欲しい」とエールを送った。

ハンファでの指導者当時の中島輝士氏(写真:ストライク・ゾーン)
ハンファでの指導者当時の中島輝士氏(写真:ストライク・ゾーン)

また10年から12年までトレーニングコーチを務めた花増幸二氏(65、徳島県スポーツ協会・スポーツコーディネーター)は、チームの主軸キム・テギュン(元千葉ロッテ)に向けて、「(チームが苦しい時に)一生懸命やる人。若い選手はその後ろ姿を見ているはずだから、背中で引っ張って欲しい」と話した。

ハンファでコーチを務めていた花増幸二氏(写真:ストライク・ゾーン)
ハンファでコーチを務めていた花増幸二氏(写真:ストライク・ゾーン)

そして2015年から3年間一、二軍でコーチを任され、17年から昨年までKIAタイガースで打撃コーチを務めた正田耕三氏(58)は「一番しんどいのは選手たち。今の状況を現場で見ていないので、激励の言葉はないというのが率直なところ」と選手たちのことを気遣った。

ハンファでコーチを務めていた当時の正田耕三氏(写真:ストライク・ゾーン)
ハンファでコーチを務めていた当時の正田耕三氏(写真:ストライク・ゾーン)

ここまでハンファは35試合8勝27敗で最下位の10位。100試合以上残る今シーズン、まだ巻き返しの機会は残っている。