7連勝中の首位NCをトゥサンがストップ 10連敗の最下位SKは2週間ぶりの勝利<韓国KBOリーグ>

代打でサヨナラ打を放ちハイタッチするパク・セヒョク(写真:トゥサンベアーズ)

20日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

首位のNCダイノスはこの日の試合前の段階で11勝1敗。7連勝でトゥサンベアーズとの2回戦(チャムシル)を迎えました。

試合は両チームの先発投手が好投。トゥサンのクリス・フレクセン投手、NCのク・チャンモ投手がともに8回1失点でマウンドを降り、試合は1-1のまま延長戦に突入しました。

11回裏、トゥサンは1死一、二塁のチャンスで、この日ベンチスタートだったパク・セヒョク捕手が代打で登場。NCの6番手、左腕のカン・ユング投手の代わり端、初球をライトにはじき返し、二塁走者が生還して2-1でサヨナラ勝ちしました。

NCの連勝は7でストップ。トゥサンはLGと同率の2位に浮上し、NCとのゲーム差を3としています。

またコチョクスカイドームでは前日まで1勝11敗、10連敗中で最下位のSKワイバーンズがキウムヒーローズと対戦。こちらはSKが5-3で勝って、連敗をストップ。5月6日以来、2週間ぶりの勝利を収めました。

◆「低迷すると、てこ入れが早いのが韓国流」

連敗が10まで続いていたSK。このように低迷すると、韓国ではすぐに1、2軍のコーチの入れ替え話が持ち上がります。日本の感覚だとキャンプからの積み重ねを、シーズン序盤のつまずきで崩してしまうというのは考え難いですが、「すぐ、てこ入れをするべき」、「心機一転」といった方向に向かうことが多いです。

昨季、トゥサンと並んで勝率1位だったSKは、連敗ストップを機に上向き、コーチ人事に変動なく進んでいくでしょうか。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

1-1の同点で延長戦に突入した10回表、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。試合は上記の通り、11回裏、トゥサンベアーズが2-1でNCダイノスにサヨナラ勝ちしています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月20日(水)の結果

・トゥサン 2- 1 NC(チャムシル)

 勝:ハム ドクチュ

 敗:カン ドンヨン

・キウム 3- 5 SK(コチョク)

 勝:パク チョンフン

 敗:オ ジュウォン

・KT 8- 1 ハンファ(スウォン)

 勝:ペ ジェソン

 敗:チャン ミンジェ

・サムスン 3- 1 LG(テグ)

 勝:チェ チェフン

 敗:ウィルソン

・KIA 6- 0 ロッテ(クァンジュ)

 勝:ギャニオン

 敗:ストレイリー

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。