ロッテ、ソン・アソプの逆転弾で3連勝/ブキャナン(元ヤクルト)6回5失点で初黒星<韓国KBOリーグ>

韓国初先発は黒星となったブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

開幕3日目の7日も全5試合がナイトゲームで行われました。

KTウイズとロッテジャイアンツの対戦は、連敗中のKTの先発ペ・ジェソン投手がロッテ打線を6回まで1点に抑える好投。3-1、2点リードで迎えた7回表、1死後に内野安打のランナーが出たところで2番手のキム・ミンス投手にバトンタッチしました。

キム・ミンス投手に対しロッテは、2死一、二塁のチャンスを作ると、3番のソン・アソプ選手がライトへ今季第1号となる3ランホームラン。4-3と逆転に成功しました。ロッテはその後も追加点を重ねて7-3で勝利。主力の一発で開幕3連勝です。

テグではサムスンライオンズのデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)がKBOリーグ初登板初先発。NCダイノスに対し、6回97球を投げて、ソロホームランを含む被安打6、失点5で負け投手になっています。

ブキャナン投手は1、2回と簡単に三者凡退に抑えましたが、3回以降は投手有利なカウントに追い込んでから、ヒットを許すケースが続き、3回に3点、4、5回にそれぞれ1点を喫しました。サムスンは3連敗、NCは3連勝です。

◆「3連戦終了。さぁ次の遠征先へ移動」

3連戦が終わって多くのチームが次の遠征地、または本拠地へと移動します。日本では試合後、遠征先で1泊してから翌朝の移動が一般的ですが、韓国では食事をしてお風呂に入った後に、夜のうちにバスで移動します。

きょうあすのカードではインチョンからプサンに移動するSKと、クァンジュからソウルに移動するキウムが長距離移動となります。移動時間は概ね3~4時間といったところです。

<きょうのアン・グォンス(安田権守)>

9回裏に4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入りました。守備機会はなく、トゥサンは9-3で勝利しました。トゥサンは連勝です。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇5月7日(木)の結果

・LG 3- 9 トゥサン(チャムシル)

 勝:フレクセン

 敗:チョン チャンホン

・SK 4- 8 ハンファ(インチョン)

 勝:チャン シファン

 敗:キム ジュハン

・KT 3- 7 ロッテ(スウォン)

 勝:オ ヒョンテク

 敗:キム ミンス

・サムスン 2- 8 NC(テグ)

 勝:ク チャンモ

 敗:ブキャナン

・KIA 8- 5 キウム(クァンジュ)

 勝:ピョン シウォン

 敗:イ ヨンジュン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。