無観客でもチアと写真とZOOMで応援 新型コロナで延期のプロ野球が開幕<韓国KBOリーグ>

マスク姿のSKの応援団長とチアリーダー(写真:SKワイバーンズ)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、公式戦の開始が延期となっていたKBOリーグはこの日、38日遅れで開幕。韓国でも5月5日は「こどもの日」で休日ということで、全5試合がデーゲームで行われました。

(関連記事:韓国プロ野球、新型コロナで延期していた開幕を5月5日に決定 無観客で38日遅れのスタート

ソウルのチャムシル球場では同球場を本拠地として共同使用するLGツインズとトゥサンベアーズが対戦。毎年5月5日に恒例となっている同チームの顔合わせはLGが8-2で勝利しました。

LGの先発チャ・ウチャン投手がトゥサン打線を6回1失点に抑えると、打線では3番のキム・ヒョンス選手が2ランを含む2安打3打点の活躍を見せました。今季の優勝候補にも挙げられるLGが、ディフェンディングチャンピオンを下した一戦でした。

なおこの試合で、日本のアマ球界から今年トゥサン入りしたアン・グォンス外野手(安田権守=前カナフレックス)が9回裏に代走としてプロ初出場しています。

今季のKBOリーグは当初の予定通り、144試合を行う予定です。

◆「無観客は無音?それとも…」

新型コロナの感染拡大を防ぐため、観客を入れない「無観客」での開催となった開幕戦。今後もしばらくは観客なしで試合が行われます。

しかしこの日、ホームの4球団は内野席のステージ上でマスク姿の応援団長とチアリーダーが、スピーカーから流される選手別の応援歌などに合わせて、応援やダンスを繰り広げました。

ホームチームのうちサムスンのみ、社会的距離確保の強化期間がきょう5日で終わることを考慮し、応援チームの登場は「あす6日から」(サムスン広報)としています。

またKTは一塁側のステージに幅10メートル×高さ6メートルの、400インチのモニターを設置。ウェブ会議システムのZOOM(ズーム)に300人のファンが参加し、応援の模様をモニターとセンターのビジョンに映し出して試合を盛り上げました。

一塁側スタンドに設置されたLEDモニターと座席に設置のファンの写真(写真:kt wiz)
一塁側スタンドに設置されたLEDモニターと座席に設置のファンの写真(写真:kt wiz)

KTの広報担当者は「今後のホームゲームで無観客試合が続く間は毎回実施する」と話しました。親会社が通信事業者という強みを生かした企画ですね。

以下が全5試合の結果です。

◇5月5日(火・休)の結果

・LG 8- 2 トゥサン(チャムシル)

 勝:チャ ウチャン

 敗:アルカンタラ

・SK 0- 3 ハンファ(インチョン)

 勝:サーポルト

 敗:キンガム

・KT 2- 7 ロッテ(スウォン)

 勝:オ ヒョンテク

 敗:キム ジェユン

・サムスン 0- 4 NC(テグ)

 勝:ルチンスキ―

 敗:ペク チョンヒョン

・KIA 2- 11 キウム(クァンジュ)

 勝:ヤン ヒョン

 敗:ヤン ヒョンジョン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。