なぜシティの”231億円”の補強は実らなかったのか?グアルディオラの「次なる思考」とケインへの関心

フォーデンとグアルディオラ監督(写真:ロイター/アフロ)

ビッグイヤー獲得は、目前だった。

今季のチャンピオンズリーグで、マンチェスター・シティは決勝に勝ち進んだ。ファイナルの相手はチェルシーで、3年ぶりのイングランド勢対決になった。結果は1-0でチェルシーに軍配が上がった。試合後、ボランチにイルカイ・ギュンドアンを、左ウィングにラヒーム・スターリングを配置したジョゼップ・グアルディオラ監督の采配に非難が集中した。

CL決勝の一戦
CL決勝の一戦写真:代表撮影/ロイター/アフロ

「チャンピオンズリーグで優勝するのは難しい。60年にわたり、この大会に参加しているチームがある。彼らでさえ、4回、5回しか優勝できていないんだ」

これはグアルディオラ監督の言葉だ。グアルディオラ監督としては、2010-11シーズン以来のCL決勝の舞台だった。バルセロナ以外のチームでのビッグイヤー獲得。その偉業がなされると、多くの者が期待していた。

■グアルディオラの長期政権

グアルディオラ監督は今季、シティと2023年までの契約延長を行っている。バルセロナ時代(2008年ー2012年)を超える長期政権が、シティ(2016年ー2023年)で実現する可能性がある。

バルセロナでは、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、シャビ・エルナンデスを主軸にポゼッション・フットボールを展開した。セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ・ロドリゲスが台頭し、カンテラーノを重宝しながら申し分ない内容と結果を示した。

ただ、グアルディオラ監督のシティでのアプローチは異なる。

ケヴィン・デ・ブライネ(移籍金7600万ユーロ/約98億円)、ルベン・ディアス(移籍金6800万ユーロ/約88億円)、リャド・マフレズ(移籍金6780万ユーロ/約87億円)、ジョアン・カンセロ(移籍金6500万ユーロ/約84億円)、アイメリク・ラポルテ(契約解除金6500万ユーロ/約84億円)と近年のシティは大金をはたいて選手を獲得してきた。

筆者作成
筆者作成

グアルディオラ監督は、バルセロナ時代に「レアル・マドリーとタイトルを争っているが、我々の功績は計り知れない。マドリーは多くの得点を記録しており、素晴らしい選手を揃えている。そのために、多くの資金を投じてきた」と語っていた。

「マドリーには莫大な予算がある。だから優秀な選手たちを集められる」

当時のリーガエスパニョーラはマドリーとバルセロナの”2強時代”だった。フロレンティーノ・ペレス会長という敏腕なビジネスマンをトップに据えるクラブに、豊潤な戦術と緻密な分析で対抗していたのがペップ・チームだった。

■守備陣を固めて

昨年夏、シティは1億7780万ユーロ(約231億円)を補強に投じている。なかでも、守備陣の強化に力を入れていた。

シティは移籍金6800万ユーロでルベン・ディアスを獲得。それだけではなく、移籍金4530万ユーロでナタン・アケを獲得して、二段構えで守備陣を補強した。

「こんにち、人々はセンターバックに注目している。グアルディオラはそのポジションに多くのお金を使ってきた。彼のフットボールには、それが重要だからだ。彼はディフェンスの選手のエクセレントなパスで、チームのプレーが始まると考えている。彼が獲得したのはレベルの高い選手たちばかりだ。それでも、グアルディオラは満足していない」

そう語るのはドミトロ・チグリンスキである。チグリンスキは2009-10シーズン、バルセロナでグアルディオラ監督の指導を受けた。彼自身はバルセロナで成功を収められなかったが、ビルドアップ能力の高いセンターバックの先駆け的存在だった。

トッテナムでプレーするケイン
トッテナムでプレーするケイン写真:代表撮影/ロイター/アフロ

そして、いま、シティはハリー・ケイン(トッテナム)とジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)に関心を寄せている。アタッカーの補強に動こうとしている。

2020-21シーズン、グアルディオラ監督は「ゼロトップ」の戦術の練度を高めていた。デ・ブライネやベルナルド・シウバを最前線に据えた。ただ、ケインの獲得は、それに逆行しているように見える。

だがグアルディオラ監督の中では、新たな戦術とバリエーションが用意されているのだろう。グアルディオラ監督の頭の中を覗くのは不可能だ。ゆえに、我々は補強の行方と新戦力の適応を見守るのみである。次こそ、ビッグイヤーの獲得をーー。ペップ・シティのハードルは上がり続けている。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「何もないのは分かっていたけど緊張した」と不正投球確認を受けたダルビッシュ。回転数は軒並みダウン三尾圭6/23(水) 15:46
  2. 2
    メイウェザーの期待を背負い3階級制覇を目指す24戦全勝23KOのサウスポー林壮一6/24(木) 0:01
  3. 3
    大谷翔平、6回1失点9奪三振の好投で、伝説的存在の大投手ノーラン・ライアンに並ぶ!三尾圭6/24(木) 11:46
  4. 4
    東京五輪のラッキーボーイは誰? 「ポスト長友」の後継者が現れる可能性も元川悦子6/24(木) 8:00
  5. 5
    大谷翔平は好投も、最後は6点差の大敗。緊急時の捕手が起用され、投手が外野を守り、別の投手は代打出場宇根夏樹6/24(木) 12:41
  6. 6
    東京五輪の暴走に、何もしなかったメディアのことを忘れない森田浩之6/23(水) 11:15
  7. 7
    魔球使い、再び現る。33歳のナックルボーラーがメジャーリーグに初昇格。大谷翔平にも近々投げる!?宇根夏樹6/24(木) 6:45
  8. 8
    【F1】レッドブルお膝元での2連戦!フェルスタッペンは相性良し、ホンダPU初優勝の地へ辻野ヒロシ6/24(木) 12:41
  9. 9
    【ソフトバンク】千賀滉大、阪神二軍に3回途中84球降板の“苦投”も前向き「常にトライ&エラー」田尻耕太郎6/24(木) 7:15
  10. 10
    横山典弘が語った「ゴールドシップ初騎乗で史上初の宝塚記念連覇に導けた理由」とは?平松さとし6/23(水) 4:55