戦術がない中で活躍しなければいけない久保建英の矛盾。

ヘタフェの久保建英(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

非常に厳しい状況に置かれている。

それはヘタフェとしても、久保建英としても、という意味だ。リーガエスパニョーラ第30節でホームにカディスを迎えたヘタフェだが、0-1と敗れている。

ヘタフェにとって、直近の3試合は重要なものだった。エルチェ、オサスナ、カディスと1部残留を争う直接的なライバルを叩けるチャンスであった。だが2分け1敗という戦績でそこを乗り越えた結果、降格圏内が勝ち点4差まで迫っている。

そして、今後の日程は簡単ではない。レアル・マドリー、バルセロナ、ウエスカ、ビジャレアル、レバンテ、セルタ、レバンテ、グラナダが眼前に立ちはだかる。ヘタフェの1部残留への道は決して平坦ではない。

今冬加入した久保とアレニャ
今冬加入した久保とアレニャ写真:ムツ・カワモリ/アフロ

ヘタフェが苦しんでいる理由のひとつが、決定力不足だ。

30試合22得点(1試合平均0.73得点)はエイバルと並んでリーガでワーストの数字である。今季、16試合でノーゴールに終わっているのは目を背けたくなる事実だ。

「フィニッシュの場面で正確性を欠いている。それ以上の分析はない。チャンスはつくっている。それを決めなければいけないが、そこで苦労している。得点は多くの選手に分配されるべきだと考えているが、残念ながら今シーズンのヘタフェでゴールを決めている選手は少ない。正確にゴールを決められなければ、最終的には失点して敗れてしまう」とはホセ・ボルダラス監督の言葉だ。

カディス戦の久保
カディス戦の久保写真:ムツ・カワモリ/アフロ

決定力不足に喘ぐチームで、直近のカディス戦において久保建英はFWで起用された。

ボルダラス監督は【4-4-2】の2トップに久保とハイメ・マタを据えた。右サイドにカルレス・アレニャを配置して、少し形を変えてきた。

久保はスペインでサイドアタッカーとして認知されている。マジョルカでインパクトを残せたのは、右サイドに置かれて果敢に突破を仕掛け、チームの攻撃を牽引したからだ。

実際、リーガ移籍後、久保がFW起用された試合は多くない。マジョルカ時代(出場時間109分)、ビジャレアル時代(出場時間75分)、ヘタフェ所属時(出場時間92分)とFWとしてのプレータイムを積み上げてきてはいない。

カディス戦で51分にアンヘル・ロドリゲスと交代でピッチを退いた久保だが、試合後にボルダラス監督は「戦術的な交代だった。ハイメが前線で孤立していたので、彼の近くでプレーできる選手が必要だった。悪い交代ではなかった」と語り、次のように続けている。

「選手交代はスコアに反映されなかった。すると、交代策に疑いがかけられる。それはフットボールの常だ。だが、選手を交代して攻撃で人数を割けるようになった。タケは試合の序盤では苦しんでいた。しかし、少しずつ良いプレーを見せてくれるようになった」

(全3096文字)

■適性ポジション

カディス戦後の現地メディアをチェックすると、スペイン『マルカ』では久保の評価点は「1」だった。なお、最高点は3点である。試合のレポートには「タケ・クボは先発だった。ボールを持つ度に、そのクオリティを示した。しかしながら1000のプロジェクトを実行しようとした彼には、決め切る力が欠けていた」と記載されている。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2021年4月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事4本)

2021年4月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「秒速30.3フィート」を記録した大谷翔平って、どれだけ速いの?他競技のトップアスリートと比べてみた三尾圭5/11(火) 5:46
  2. 2
    東京五輪の予選にすら立てない選手が続出…韓国スポーツ「孝子種目」の災難慎武宏5/11(火) 7:10
  3. 3
    伯楽のダービー回避で思い出される英国遠征を含めた幾つかのエピソードとは……平松さとし5/11(火) 4:55
  4. 4
    悔しさをバネに這い上がった古賀紗理那、島村春世、けがから復活の長岡望悠 女子バレー代表が得た強さと柱大林素子5/11(火) 10:00
  5. 5
    超人揃いのNFLで殿堂入りした名選手から「人間ではない」と評された大谷翔平三尾圭5/6(木) 11:46
  6. 6
    「元年」と「進化」。黒星発進も、早大ラグビー・大田尾新監督は手応え「初戦としてはやれたんじゃないか」松瀬学5/11(火) 7:14
  7. 7
    セリエA昇格サレルニターナ、娘が暴行被害の対戦監督に連帯 指揮官「素晴らしい街」中村大晃5/11(火) 11:31
  8. 8
    人気講談師・神田伯山がプロレスを語ると、なぜ面白いのか?清野茂樹5/11(火) 7:46
  9. 9
    6月6日、メイウェザーのエキシビションをSHOWTIMEがPPV放送林壮一5/11(火) 0:01
  10. 10
    なぜエンゼルスはこのタイミングでプホルスを解雇するのか三尾圭5/7(金) 6:48