ジダンの「プランB」と「プランC」の提示。クラシコで生まれた差とは。

ゴールを喜ぶクロースとモドリッチ(写真:ロイター/アフロ)

タイトルレースの行方が、この一戦に大きく懸かっていた。

今季のリーガエスパニョーラはアトレティコ・マドリー、バルセロナ、レアル・マドリーの3チームが優勝を争う展開になっている。その状況下で迎えたリーガ第30節、レアル・マドリー対バルセロナは、2-1でマドリーに軍配が上がった。

■タイトルへの機運

「レアル・マドリー、生き残ったリーダー」(『マルカ』)、「不滅のレアル・マドリー」(『アス』)「マドリーと対峙したバルサが論争を残して足元から崩れる」(『スポルト』)、「レアル・マドリーが勝利してリーガにプレッシャーを掛ける」(『ムンド・デポルティボ』)とスペインメディアはマドリーの勝利を報じている。

クラシコ後の『マルカ』のアンケートでは、「リーガの優勝チームは?」の問いに4万9084票(現地時間午前5時30分時点)が集まり、マドリー(73%)、アトレティコ(14%)、バルセロナ(13%)とクラシコの勝者への期待感が高まっている。

ノーゴールに終わったメッシ
ノーゴールに終わったメッシ写真:ロイター/アフロ

「レアル・マドリーに勝つためには、ベストのバルセロナでなければいけない。そして、ベストの(リオネル・)メッシが必要だ」と試合前にロナルド・クーマン監督は語っていた。

メッシにとって、これは45回目のクラシコだった。セルヒオ・ラモス(クラシコ出場数45回)が欠場していたため、彼に並びクラシコ最多出場選手になった。

ただ、メッシの最後のクラシコ出場になったかもしれない。メッシとバルセロナの契約は今季終了時に満了を迎える。メッシのクラシコにおける戦績は45試合19勝11分け15敗で、その間に26得点をマークしている。なお、メッシはクリスティアーノ・ロナウド(18得点)とアルフレド・ディ・ステファノ(18得点)を上回り、クラシコの歴代最多得点者となっている。

■メッシという中心

バルセロナの中心はメッシである。2021年に突入してから、メッシは公式戦21試合で19得点8アシストと波に乗っていた。そのメッシを止められたら、マドリーとしては優位になる。

だがジネディーヌ・ジダン監督の考えは異なった。「バルセロナは中盤に素晴らしい選手を抱えている。なので、フェデ(フェデリコ・バルベルデ)を入れて中盤の枚数を増やした。フェデはスピードがあり、ライン間でプレーできる。スペースに走り込めるし、それは先制点のシーンで表れた」と試合後にジダン監督は語っている。

メッシのCKがポストを叩く
メッシのCKがポストを叩く写真:ロイター/アフロ

バルベルデの起用でマドリーの選手たちの役割は明確化した。カゼミーロとナチョ・フェルナンデスがメッシを、バルベルデとルーカス・バスケスがジョルディ・アルバを封じた。身体能力に優れたエデル・ミリトンがウスマン・デンベレをマークして、フェルラン・メンディが1対1の強さとカバーリング能力の高さを見せ付けた。

L・バスケスの負傷でアルバロ・オドリオソラが出場することになり、マドリーの戦術の機能性は落ちた。それでも、ジダン監督は変化を恐れなかった。試合終盤にはマルセロ、イスコ、マリアーノ・ディアスを投入して3バックシステムに変更した。

■プランBとプランC

マドリーは「プランB」や「プランC」を提示しながら試合を進めた。それはジダン監督にとって予想外だっただろう。だが普段は勝利を求めて保守的になりがちな指揮官が、勇敢に打って出ていた。

また、この試合ではジャッジが物議を醸した。注目されたシーンは2つだ。84分、ペナルティーエリア内でマルティン・ブライスワイトが倒されPKの疑惑がかけられた場面と、アディショナルタイムの分数である。

試合後には、ジェラール・ピケがヒル・マンサーノ主審に詰め寄った。そこにモドリッチが介入して「これから喋りまくるんだろう」とピケに言い放ち、両軍はヒートアップしている。クーマン監督は「なぜスペインにVARがあるのか分からない。バルセロナのサポーターであれば2つのジャッジに熱くなり不満を抱くだろう。PKは明らかだったし、主審が後半に機械のトラブルで試合を止めたことを考えればアディショナルタイムはもっとあったはずだ」と述べた。

クロースがFKで決勝点
クロースがFKで決勝点写真:ロイター/アフロ

一方で「それぞれの感じ方がある。私は主審が笛を吹かなかったのならPKではないと思う。大事なのは、ピッチ上で何をしたかだ。バルセロナは偉大なチームなので、我々は苦しんだ。だが審判のおかげで勝ったとは言えないはずだ」というのがジダン監督の説明だ。

「(リヴァプール戦とバルセロナ戦は)ハードワークが必要な試合だった。いまは休まなければならない。状況は変わらないよ。まだ多くの試合が残されている。肉体的に我々は限界に達している。どういう形でシーズンを終えられるかは分からない」

クラシコで勝利したマドリーは公式戦13試合で無敗を貫いている。2016-17シーズン以来のドブレテ(2冠)の可能性を残して、彼らは次戦のリヴァプール戦に挑む。

プランAではなかったミリトン
プランAではなかったミリトン写真:ロイター/アフロ

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    15日にリングに上がる元WBA/IBFスーパーバンタム王者ダニエル・ローマン林壮一5/12(水) 0:01
  2. 2
    「秒速30.3フィート」を記録した大谷翔平って、どれだけ速いの?他競技のトップアスリートと比べてみた三尾圭5/11(火) 5:46
  3. 3
    エンジェルスがプーホルスを解雇する理由。伏線は前日の試合にあった!?宇根夏樹5/7(金) 9:56
  4. 4
    マイナー降格オプション権を有する筒香嘉智を敢えて40人枠から外したレイズの厳しい決断菊地慶剛5/12(水) 12:04
  5. 5
    トライ&エラーで成長するWEリーグ・AC長野。プレシーズンマッチで初勝利、テーマは「超アグレッシブ」松原渓5/12(水) 10:00
  6. 6
    戦力外通告を受けた筒香の貢献度はメジャー1054選手中1023位三尾圭5/12(水) 11:21
  7. 7
    プーホルスにMVPを阻まれた選手と、プーホルスを凌いでMVPを受賞した選手。AJはどっちだった!?宇根夏樹5/12(水) 7:00
  8. 8
    奪三振トップ3にオリックスの3投手が並ぶ。24時間経たずに則本が割って入ったが…宇根夏樹5/12(水) 17:02
  9. 9
    伊2部で初の女性主審に選手から「最高の賛辞」 夢実現で次に願うは「名字で…」中村大晃5/12(水) 11:53
  10. 10
    アジア特別枠で来日した2人の若者、サーディ・ラベナとヤン・ジェミンが体感したBリーグとは青木崇5/12(水) 16:57