レアルがC・ロナウドの代役に投じた「384億円」の行方と、ジダンに思い出の地で突き付けられた現実。

シャフタール対レアル・マドリーの一戦から(写真:ロイター/アフロ)

素晴らしい思い出が、一瞬にして悪夢になった。

チャンピオンズリーグ・グループステージ第5節、レアル・マドリーは敵地でシャフタール・ドネツクと対戦して0-2と敗れた。シャフタールが本拠地を置くウクライナのキエフは、マドリーが2018年にクラブ史上13度目のCL制覇を成し遂げた場所だった。

キエフの地でビッグイヤーを掲げた2017-18シーズンの終了後、ジネディーヌ・ジダン監督が電撃的に退任。加えて、長年エースを張ってきたクリスティアーノ・ロナウドのユヴェントスへの移籍が決まった。

シャフタール戦のレアル・マドリーのスタメン/筆者作成
シャフタール戦のレアル・マドリーのスタメン/筆者作成

■大きな穴

C・ロナウドの抜けた穴は大きかった。

マドリーは2018年夏以降、前線の補強を続けてきた。ヴィニシウス・ジュニオール(移籍金4500万ユーロ/約54億円)、マリアーノ・ディアス(移籍金2150万ユーロ/約26億円)、ブラヒム・ディアス(移籍金1700万ユーロ/約20億円)、ロドリゴ・ゴエス(移籍金4500万ユーロ/約54億円)、ヘイニエル・ジェズス(移籍金3000万ユーロ/約36億円)、ルカ・ヨヴィッチ(移籍金6000万ユーロ/約72億円)、エデン・アザール(移籍金1億ユーロ/約120億円)...。だがCLにおいては過去2シーズンでベスト16敗退に終わっている。

C・ロナウドの代役確保に投じられた補強費は3億2000万ユーロ(約384億円)に上る。しかしながら。この2シーズンでチーム内得点王に輝いたのはカリム・ベンゼマだ。ベンゼマは2018-19シーズンに30得点、19-20シーズンに27得点を記録している。

単位(万)/筆者作成
単位(万)/筆者作成

■センターバックの問題

また、深刻なのがセンターバックの問題だ。とりわけ、ジダン監督はセルヒオ・ラモス不在時のソリューションを見つけなければならない。

欧州の舞台でそれは顕著に表れている。ラモスが欠場した直近の9試合でシャフタール戦(×0-2)、シャフタール戦(×2-3)、マンチェスター・シティ戦(×1-2)、パリ・サンジェルマン戦(×0-3)、アヤックス戦(×1-4)、CSKAモスクワ戦(×0-3)、CSKAモスクワ戦(×0-1)、ユヴェントス戦(×1-3)と8敗を喫している。

C・ロナウドが抜け、第二次ジダン政権で強化されたのが前線からのプレスのだった。先のシャフタール戦においても、【4-2-3-1】の基本布陣から、守備時の【可変式4-4-2】で、マルティン・ウーデゴールとベンゼマが前からプレッシングを行った。だが、この戦術のキーマンになるフェデリコ・バルベルデが現在負傷で離脱しており、これも少なくないダメージを指揮官に与えている。

筆者作成
筆者作成

■守備の綻び

昨季、マドリーは34回目のリーガ制覇を達成している。

その要因は守備力にあった。リーガ38試合で、20失点。アトレティコ・マドリー(22失点)、アスレティック・ビルバオ(24失点)、ヘタフェ(27失点)、セビージャ(30失点)、バルセロナ(31失点)を抑えてリーガで最少失点数を誇った。

先の補強の話でいえば、マドリーは2018年夏以降に守備陣の選手でGKティボ・クルトゥワ(移籍金3500万ユーロ/約42億円)、アンドリュー・ルニン(移籍金850万ユーロ/約10億円)、アルバロ・オドリオソラ(移籍金3000万ユーロ/約36億円)、フェラン・メンディ(移籍金4800万ユーロ/約57億円)、エデル・ミリトン(移籍金5000万ユーロ/60億円)らを獲得している。

クルトゥワとメンディの補強は当たった。それが昨季のリーガのタイトルにつながったのは間違いない。

しかし、重要なのはバランスだ。キエフの地で突き付けられた現実を受け止め、ジダン監督とマドリーは前進しなければならない。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    WBA暫定スーパーバンタム級タイトル決定戦に出場する16戦全勝9KOのサウスポー林壮一1/19(火) 0:01
  2. 2
    東京五輪決勝で教え子対決実現なるか、バドミントン女子複の輩出続く青森山田高平野貴也1/19(火) 7:30
  3. 3
    「最多勝投手=最多敗投手」。リーグ最多の白星を挙げたのと同じシーズンに最多の黒星。セの2人は同球団宇根夏樹1/19(火) 7:05
  4. 4
    日米のリングで頂点に立ったゴールデン☆ラヴァーズ。飯伏対オメガの頂上決戦は実現するか?三尾圭1/19(火) 10:46
  5. 5
    東京五輪中止の可能性を外国メディアに代弁させる「黒船ジャーナリズム」という悪習森田浩之1/19(火) 11:15
  6. 6
    貴景勝と明瀬山に「救われた」大相撲初場所 高崎親方が語る“負けっぷり”の美学飯塚さき1/19(火) 7:00
  7. 7
    バスケ新全国大会で輝いた街クラブ 期待以上の実力と想像を絶するやりくり大島和人1/18(月) 7:20
  8. 8
    バドミントン女子複フジカキら輩出の青森山田高、強さの秘密は「速攻」へのこだわり平野貴也1/19(火) 7:35
  9. 9
    スネルとダルビッシュに続き、パドレスが三角トレードで3人目のエースを獲得宇根夏樹1/19(火) 11:15
  10. 10
    日本球界復帰が噂される田中、データが示す投球の安定感小中翔太1/19(火) 13:04