久保建英の森保ジャパンとビジャレアルでの役割を徹底比較。「シャドー」と「ウィング」の2つの役割とは。

日本代表でプレーする久保(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

久保建英のプレーを、解釈する。

今回のインターナショナルウィークで森保ジャパンに招集された久保に、パナマ戦で先発の機会が訪れた。システムは【3-4-2-1】で、久保のポジションは2シャドーの一角だった。

(日本代表スタメンの図)

画像

2シャドーで久保の「相棒」となったのは、三好康児だ。久保、三好、共にテクニックがあり、ドリブルを得意とする。彼らの創造性と想像性が連なり、1トップの南野拓実を含め、鮮やかなコンビネーションで崩していく画が期待された。

(パナマ戦の図)

画像

だが結果から言えば、前線の3選手は思ったような「崩し」を見せられなかった。無論、良いシーンというのは、いくつかあった。決勝点の場面では、久保のスルーパスに反応した南野が相手GKに倒され、PKを獲得している。だが試合を通じて攻撃に「再現性」があったかどうかと問われれば、私の答えは「ノー」である。

■再現性と意図

それでは、なぜ再現性がなかったのか。その導入から語っていきたい。

森保ジャパンの【3-4-2-1】において、攻撃面の決定的な課題は「可変の形」がないことだ。

そもそも、このシステムでは可変の仕方が非常に難しい。自然発生的に可変の形が生まれる可能性は低い。ゆえに、逆説的に大迫勇也のような万能型FWが重宝されるのだ。余談であるが、パナマ戦においても、再び大迫の存在の大きさというのが痛感された。

【4-4-2】のパナマに対して、久保と三好は相手ボランチの背後を取るのが重要になる(パナマの選手は分かりやすく背番号とポジションで表示)。こういったゾーンでボールを受けられれば、久保としてもチームとしてもプラスの展開になる。

(久保が背後で受ける図)

画像

だが、パナマもバカではない。久保に対して、CBとボランチが協働して挟みに行く。あるいは、MFのラインを下げて、中盤を圧縮。スペースを潰して自由を効かなくする手段を採った。

(中盤の圧縮の図)

画像

ここで、大切になってくるのが、可変だ。端的に言うなら、久保、三好、南野がポジションを入れ替えながらスペースとボールを移動する/移動させる必要があった。それによりパナマ守備陣の混乱を招き、プレスの的を絞り難くして、マークのズレを作らないといけなかった。

例えば、久保が前線に出て、南野が降りてきて、三好が横にずれれる。3人がトライアングルを描くように動いているのが、分かるだろうか。

(可変の図1)

画像

久保を見るべきだったボランチの6番が、そのまま久保に付いていけば、三好がフリーになる。あるいは降りてくる南野にセンターバックの3番がマークに行けば、空いた裏のスペースに久保が飛び込める。日本の実質的な司令塔である柴崎からは質の高いボールが供給される。それは選手の適性にも合っている。「穴」をつくれば、それを利用できるのだ。

(可変の図2)

画像

ただ、その穴を、「意図的に」つくれるかどうかが問題だ。パナマ戦では、久保と三好がポジションチェンジする場面はあったが、南野との連携は少なかった。ヨコにはずれていたが、タテにずれていなかった。それが停滞、特に前半の攻撃の停滞の大きな原因だった。

■ビジャレアルでの役割

一方、ビジャレアルでの久保はどうなのか。ヨーロッパリーグでプレータイムを得ながら、リーガエスパニョーラでは先発出場が少ない。久保がスタメン出場したのは第7節カディス戦のみだ。まだウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取ったとは言い難い状況だ。

移籍当初、エメリ監督は久保を2トップの一角に組み込ませる算段だった。【4-4-2】と【4-4-1-1】を使い分けながら、トップとトップ下のポジションを久保に往来させる考えを持っていた。

(全文字数3112字/図 23つ)

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2020年11月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事7本)

2020年11月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    2020年に「最も平均に近い防御率」を記録したのは、最多勝投手の一人!?宇根夏樹11/30(月) 7:00
  2. 2
    フェニックス・リーグ 阪神タイガースの出場全選手成績岡本育子11/30(月) 13:30
  3. 3
    ヤクルトの新外国人は「オスナ」か「オスーナ」か。バレンティンは実は「ウラディミール」ではない?菊田康彦11/30(月) 8:00
  4. 4
    悔いを残さず「最後までバレーを楽しんで」。“黒後世代”の全日本インカレ、いよいよ開幕田中夕子11/30(月) 12:45
  5. 5
    12/3、日本ミニマム級タイトル王座決定戦に出場する谷口将隆林壮一11/30(月) 0:01
  6. 6
    中谷正義との重要な一戦にどう臨む? フェリックス・ベルデホ独占インタビュー杉浦大介11/30(月) 11:30
  7. 7
    厳選!今季のなでしこリーグを彩った17のスーパーゴールをダイジェスト動画と共に振り返る松原渓11/28(土) 8:00
  8. 8
    アーモンドアイ、ジャパンカップを制し引退へ 2025年に初仔と新たな夢がみれるか花岡貴子11/30(月) 5:16
  9. 9
    2020年の「最も平均的な打者」は…。パ・リーグには打率も出塁率も長打率も平均と1ポイント差の打者宇根夏樹11/28(土) 11:35
  10. 10
    東京ヤクルトに入団するサイ・スニードは、サイ・ヤング賞投手ではないけれど…宇根夏樹11/28(土) 16:06