レアル・マドリーで生き残るのは誰だ?ジダンの信頼を賭けたサバイバルレース。

去就に注目が集まるベイル(写真:ロイター/アフロ)

レアル・マドリーで、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を勝ち取るのは誰になるだろうか。シーズン終盤戦を迎え、目が離せない状況だ。

新型コロナウィルスの影響でリーガエスパニョーラは一時中断していた。だが感染者の数がおさまり始め、スペイン政府からゴーサインが出て6月11日の再開が決定している。マドリーはリーガ第27節終了時点(中断前)で2位に位置。首位バルセロナとの勝ち点差は2ポイントだ。

■ベイルとハメスの去就

残り11試合でリーガ制覇に向けて逆転が必要になっているマドリーであるが、難しいシチュエーションに置かれているのはガレス・ベイルとハメス・ロドリゲスだ。

先日、「8万人のサポーターからのブーイングは堪える」と本音を明かしていたベイルだが、加入からおよそ7年が経過した現在もマドリディスタから愛を受けているとは言い難い。度重なる負傷に苦しめられ、ジダン監督をはじめ、サンティアゴ・ソラーリ前監督、フレン・ロペテギ元監督らは最後までベイルを本当の意味で戦力に数えることができなかった。

ベイルは、残された試合で際立ったパフォーマンスを見せなければ、この夏に売却される可能性がある。2013年夏に移籍金9900万ユーロ(約118億円)で加入したベイルを、フロレンティーノ・ペレス会長が安売りするのは考えにくい。だが彼の年俸1700万ユーロ(約20億円)がクラブの負担になっているのも確かだ。

またベイル以上に厳しい立場にいるのがハメスだ。2014年のブラジル・ワールドカップでブレイクして、鳴り物入りでマドリーに加入したハメス。ペレス会長は移籍金8000万ユーロ(ボーナス込み/約96億円)を支払い、彼の獲得を決めた。

ただ、ジダン監督の下ではカゼミーロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチの3選手が盤石の中盤を形成し、イスコをトップ下に組み込んだ【4-4-2】が併用されたものの、ハメスの居場所はなかった。バイエルン・ミュンヘンへの1年レンタルを経て、今季は再起を誓ったが、負傷離脱が響いてポジションを失った。

マドリー加入以降、249試合に出場しているベイル、124試合に出場しているハメスとの別れが近づいているかも知れない。

■ブラジル人トリオ

一方、マドリーが期待を懸けている選手がいる。ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ・ゴエス、へイニエル・ジェズスの「ブラジル人トリオ」である。

ヴィニシウスとロドリゴに関しては、とかく比較されがちだが、そもそも適性がまったく異なる。ヴィニシウス(左ウィング/ボール保持時に特徴)、ロドリゴ(右ウィング/ボール非保持時に特徴)の2選手は真逆だと言えるかもしれない。

へウニエルについては、レンタル移籍が濃厚となっている。2018年1月に加入して、ラウール・ゴンサレス監督の下、Bチーム相当のマドリー・カスティージャでプレーしてきた。だがマドリーは2020-21シーズンに向けてリーガ1部でへウニエルが出場機会を積むというのを望んでいる。

この3選手はペレス会長の若手推進プロジェクトの中枢を担う選手たちだ。ゆえに、彼らはクラブと指揮官に丁重に扱われるだろう。

ほかにも、マルセロ、ルーカス・バスケス、ナチョ・フェルナンデス、ブラヒム・ディアス、マリアーノ・ディアスと去就不透明な選手はいる。今季、レンタル放出されている13選手がどうなるかも分からないままだ。ただ確かなのは、年々競争が激化するレアル・マドリーにおいて、生き残りをかけたサバイバルレースがスタートするということである。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1000三振以上を喫した打者の「三振率ランキング」。今季到達した中田翔と丸佳浩は何位?宇根夏樹7/7(火) 7:00
  2. 2
    エクリプスS詳報とディアドラのマーフィー騎手が語る敗因とは……平松さとし7/7(火) 6:30
  3. 3
    メッシ、スアレス、グリーズマンの共存は?バルサの優勝に向けたセティエンの秘策。森田泰史7/7(火) 7:32
  4. 4
    おじいちゃんの手作りバッティングセンターで育った少年 20歳でBC信濃入りし奮闘中室井昌也7/7(火) 7:36
  5. 5
    大谷翔平の復帰登板は、相手も球場も2年前のデビューと同じ!? 日本人打者との対戦予定はなし宇根夏樹7/7(火) 15:09
  6. 6
    サッカーと怒り。メッシとイ・ガンインの違い小宮良之7/3(金) 12:00
  7. 7
    人種差別によるチーム名変更に疑義を呈する米大統領と的確な現状認識を示したインディアンズ監督菊地慶剛7/7(火) 18:58
  8. 8
    3チームが練習中止に追い込まれたMLBの不手際にクリス・ブライアントが漏らした本音菊地慶剛7/7(火) 11:25
  9. 9
    堅実補強でなでしこリーグ2部優勝を狙うスフィーダ世田谷FC。昇降格がなくても順位にこだわる理由とは?松原渓7/7(火) 8:00
  10. 10
    今宮健太とは対照的に「犠打の少ない選手」たち。7000打席以上でゼロも宇根夏樹7/6(月) 12:05