ラウタロはメッシとスアレスの決定力に頼るバルセロナの解決策になり得るか。

ラウタロとスアレス(写真:ロイター/アフロ)

ラウタロ・マルティネスのバルセロナ移籍が、現実味を帯びてきている。

バルセロナは来季に向けてラウタロを獲得するべく動いてきた。契約解除金1億1100万ユーロ(約127億円)の支払うのではなく、2選手を譲渡して移籍金を引き下げようという目論見のもとに、インテルと交渉を続けてきた。

ラウタロに対して新契約を準備していたインテルだが、バルセロナは年俸1000万ユーロ(約12億円)の5年契約で、すでにラウタロと個人合意に至っているようだ。残すはクラブ間交渉で、移籍金は6000万ユーロ(約70億円)前後になり、選手譲渡に関してはネルソン・セメド、エメルソン、アルトゥーロ・ビダルがオペレーションに含まれる可能性がある。

■ラウタロの起用法/バルセロナとインテルの違い

重要なのは、ラウタロの起用法だ。

インテルでは、アントニオ・コンテ監督の下、3-5-2でプレーしている。ロメル・ルカクと2トップを組み、破壊的な攻撃力を見せつけている。

3バックのインテルは、ビルドアップで詰まった際に、ルカクにロングボールを送る。ルカクがそれをきちんと収めるため、ラウタロの役割はそのサポートで、あるいは「第三の動き」でスペースを狙うというものだ。

また、相手陣内に入ったら、ブロゼビッチ、ステファノ・センシ、マティアス・ベシーノの中盤の3選手がトライアングルを形成しながら縦パスを試みる。ターゲットはルカクだ。ただ、ルカクはバイタルエリア付近でのポストワークに終始しない。時に、相手CBを釣り出して、ライン間でボールを受けようとする。その際、空いたスペースに飛び込むのがラウタロである。この2人の関係性は完璧に補完されている。

だが現実的に考えて、ラウタロとスアレスの共存は難しいだろう。まず、前述したようにバルセロナが2トップのシステムを使用するのは想像しにくい。キケ・セティエン監督の続投を基本路線とするなら、なおさらだ。

■メッシとの相性/「MSN時代」の超越

2017年夏にネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍して以降、バルセロニスタの「MSN」へのノスタルジーは消えない。リオネル・メッシ、スアレス、ネイマールの3トップは、結成から3シーズンで公式戦363得点を記録した。

だが、その得点力以上に、「MSN」の化学反応が本拠地カンプ・ノウの観衆を虜にした。3選手のフィーリング、相性の良さは抜群で、攻撃のスイッチが入った時のアイデアとコンビネーションに、人々は酔いしれていた。

ネイマールが退団して、バルベルデ前監督の下で重要な役割を担ったのがジョルディ・アルバだった。アルバもまた、メッシと非常に相性の良い選手であり、その「偽ウィング」の機能性がバルベルデ時代のバルセロナの大きな武器のひとつになった。

近年のバルセロナはメッシを中心にチームが回っている。バロンドールを6回受賞するような、規格外の選手がいるゆえの現象だ。メッシがいる限り、彼を攻撃の軸に据えない指揮官は存在しない。メッシとの相性、「背番号10」を快適にプレーさせるというのは、現在のバルセロナにおいては結果に直結する大事なファクターになる。

ラウタロの課題はメッシとのピッチ上のフィーリングだ。もっと言えば、それを確かなものにしながら、得点という目に見える結果を残すことである。そのタスクを全うしなければ、おそらくスアレスは超えられない。世代交代を考えるなら、33歳のスアレスより、22歳のラウタロがベターなのは明らかだ。

だが実力主義のフットボールの世界で、ポジションは与えられない。それは勝ち取るべきである。ラウタロの移籍が間近だというニュースに、多くのバルセロニスタが喜んでいる。一方で、それは本当の意味で「MSN時代」を超越できるかどうかという挑戦なのである。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  2. 2
    ダービー2勝目のベテランと初騎乗を果たした若い騎手。それぞれのダービー平松さとし6/2(火) 6:31
  3. 3
    打率2位と3位の選手たち。複数のシーズンでトップ3に入りながら一度も「首位打者」になれなかったのは宇根夏樹6/2(火) 7:00
  4. 4
    元コンサドーレ札幌GKク・ソンユンの大邱FC移籍の本当の理由 札幌に戻る可能性はあるのか?金明昱6/2(火) 7:00
  5. 5
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  6. 6
    アザール、ベンゼマ、アセンシオ…レアル・マドリーの新たな3トップは機能するか。森田泰史6/2(火) 7:31
  7. 7
    『シアターの女神』であり、勝利の女神でもあった「まゆゆ」 渡辺麻友と高校スポーツ三尾圭6/2(火) 13:48
  8. 8
    自粛中も一体感は健在。C大阪堺レディース、なでしこリーグ1部再挑戦に向けオンラインの取り組みも光る松原渓6/2(火) 8:00
  9. 9
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  10. 10
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00