バルサのラウタロ獲得の行方は?新エース継承者を迎え入れる可能性。

ラウタロ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

ラウタロ・マルティネス獲得を目指してインテルと交渉を続けているバルセロナだが、オペレーションの成立に向けてターニングポイントを迎えているようだ。

この夏にラウタロを引き入れるため、積極的に動いているバルセロナ。一方、インテル側にラウタロ売却の意思はなく、契約解除金1億1100万ユーロ(約127億円)が支払われない限り、アルゼンチン人ストライカーを手放すつもりはないという姿勢を貫いてきた。

ただ、ここに来て状況は変わり始めている。バルセロナが提示した選手譲渡候補リスト(サミュエル・ウンティティ、ジュニオール・フィリポ、ネルソン・セメド、アルトゥーロ・ビダル、ラフィーニャ・アルカンタラ、ジャン=クレール・トディボ)に対して、インテル側が複数名に関心を寄せており、交渉に進展があったとみられている。

バルセロナとしては、移籍金6000万ユーロ(約69億円)+2選手で、取引を成立させたいと考えているという。

インテルが強い関心を示しているのはビダルとトディボだ。ビダルに関しては、アントニオ・コンテ監督がビダルの獲得を望んでいるといわれ、今年1月の移籍市場においてもインテル移籍の噂があがっていた。トディボについては、シャルケにレンタル移籍して、評価が高まった。20歳という若さもトディボの魅力のひとつかもしれない。

ビダル(2021年夏契約満了)、トディボ(2023年夏契約満了)の2選手をオペレーションに含めて、移籍金を引き下げたいというのが現時点でのバルセロナの本音だろう。

■複数クラブの動き/ビッグディールの可能性

筆者作成
筆者作成

2019-20シーズン、ラウタロはセリエAで22試合に出場して11得点1アシストを記録している。また、パス本数301本、パス成功本数179本、シュート数59本、枠内シュート数34本、ボール奪取数56回、ボールロスト数254回という数字を残している。

一部報道では、5月15日までに取引が成立する可能性があると伝えられている。その背景にはパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーと言ったクラブの関心があった。ただ、最も興味を抱いていたパリSG、ここにきて獲得レースから撤退しようとしている。今季終了時にエディンソン・カバーニが退団するパリSGだが、マウロ・イカルディのレンタル延長に向けて動き始めたようだ。

そして、ラウタロはバルセロナ移籍を希望しているといわれている。バルセロナとしては、その選手の意思を交渉を有利に進める材料にしたいところだ。

インテルは、2018年夏にラウタロを移籍金2500万ユーロ(約28億円)で獲得した。新型コロナウィルスの影響で、今夏、ビッグディールが成立する可能性は低いとみられているがーー。どういった結末を迎えるのか、まったく目が離せない。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  2. 2
    ダービー2勝目のベテランと初騎乗を果たした若い騎手。それぞれのダービー平松さとし6/2(火) 6:31
  3. 3
    打率2位と3位の選手たち。複数のシーズンでトップ3に入りながら一度も「首位打者」になれなかったのは宇根夏樹6/2(火) 7:00
  4. 4
    元コンサドーレ札幌GKク・ソンユンの大邱FC移籍の本当の理由 札幌に戻る可能性はあるのか?金明昱6/2(火) 7:00
  5. 5
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  6. 6
    アザール、ベンゼマ、アセンシオ…レアル・マドリーの新たな3トップは機能するか。森田泰史6/2(火) 7:31
  7. 7
    『シアターの女神』であり、勝利の女神でもあった「まゆゆ」 渡辺麻友と高校スポーツ三尾圭6/2(火) 13:48
  8. 8
    自粛中も一体感は健在。C大阪堺レディース、なでしこリーグ1部再挑戦に向けオンラインの取り組みも光る松原渓6/2(火) 8:00
  9. 9
    白人警官に殺された黒人ラッパーの親友、元NBA王者のスティーブン・ジャクソンが人種差別撤廃を訴える三尾圭5/29(金) 15:16
  10. 10
    WBSS準優勝者が語るファイトマネーとの付き合い方「破産するボクサーにはならない」杉浦大介6/1(月) 9:00