堅固な守備と世代融合で躍進するセビージャ。ラ・リーガの「3強時代」を崩せるか。

パスを出すD・カルロス(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

「セビージャ、セビージャ、セビージャァァァ!」

本拠地サンチェス・ピスファンに、大音量がこだまする。聞こえてくるのは、セビジスタの勝利を祝う雄叫びだ。

2019-20シーズン、セビージャは好調を維持している。第16節終了時点でリーガエスパニョーラの3位に位置。バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーの「3強」に割って入れるか、注目が集まっている。

■モンチの復帰と大型補強

セビージャは今夏、スポーツディレクターのモンチが復帰した。そして、ジュレン・ロペテギ新監督を招聘して再スタートを切った。

モンチは、この夏、補強に1億5800万ユーロ(約189億円)を投じた。マドリー、バルセロナ、アトレティコに次いで、リーガで4番目の補強費。欧州5大リーグにおいても、ユヴェントス、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドの次点にくる7番目の数字だった。

一方、セビージャはウィサム・ベン・イェデル(移籍金4000万ユーロ/モナコ)、パブロ・サラビア(1800万ユーロ/パリ・サンジェルマン)、クインシー・プロメス(1570万ユーロ/アヤックス)らを放出している。

巨額の補強費で、13選手を獲得したセビージャだが、「大当たり」の補強となったのはジエゴ・カルロスだ。D・カルロスは2014年夏に欧州挑戦を決め、当時ポルトガル2部リーグに属していたエストリルに加入。ポルトのBチームにレンタル放出され、そこでロペテギ監督と知り合っている。2016年夏に、ナントに移籍したD・カルロスは、フランスで108試合に出場して評価を高めた。

セビージャは、D・カルロスとジュール・クンデのセンターバックコンビ、アンカーのフェルナンドが一枚岩となり堅固な守備を築いている。今季、セビージャがリーガで3ゴール以上を献上したのは、第6節エイバル戦と第8節バルセロナ戦のみだ。なお、その2試合ではクンデがスタメンから外れていた。

「フィジカル能力の高い選手が欠けていた。夏にロペテギと話をして、その点では意見が一致していた」と、モンチSDは先日スペインのラジオ局『カナル・スール』で明かした。そして、加入したのがD・カルロス、クンデ、フェルナンドという選手だった。

■オリベルとレギロン

また、34歳のヘスス・ナバスが右サイドバックの定位置を確保する一方で、若い選手が躍動している。

マドリーのカンテラーノであるレギロンは、昨季1部デビューを飾ったばかりだ。奇しくも、ロペテギ監督の解任後にトップチーム指揮官に昇任したサンティアゴ・ソラーリの下で、2018年11月3日にリーガ第11節バジャドリー戦でトップデビューしている。ジダン監督の復帰で、再びマルセロが重宝されるようになったマドリーで、レギロンに居場所はなかった。

「アトレティコ・マドリーのカンテラ最高傑作」といわれていたオリベル・トーレスは、ディエゴ・シメオネ監督の下、2013年2月10日にリーガ第23節ラージョ・バジェカーノ戦でトップデビューした。しかしながらシメオネ監督のチームでは、守備の強度が足りず、望むような出場機会を得られなかった。

ビジャレアル、ポルトと移籍を繰り返して、オリベルはこの夏にセビージャに移籍した。ポルトでは、2014-15シーズンにロペテギ監督の指導を受けた。そのシーズン、リーグ戦26試合に出場して7得点を記録。チャンピオンズリーグでは、ベスト8進出に貢献した。

ベテランと若手が融合したメンバー構成で、ロペテギ監督は崩れないチームを作っている。ただ、課題を挙げるなら、得点力だろう。CFに据えられているルーク・デ・ヨングはリーガ13試合に出場して、29本のシュートを放ち、2得点を記録している。得点ランク首位のリオネル・メッシ(バルセロナ)は、10試合に出場してシュート数30本で12得点。シュート数ではメッシに引けを取らないものの、決定力で差が出ている。

それでも、3位の座は十分射程距離にある。セビージャが3位以内に入ったのは、2008-09シーズンが最後だ。およそ10年ぶりの戦果、それはリーガに風穴を開ける意味を持つことにもなる。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』など。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    武豊騎手が騎乗したUAEオークスの結果速報とレース後、天才騎手が口にした事とは…… 平松さとし2/21(金) 6:30
  2. 2
    マイコラスが出遅れるローテーションの穴を埋めるのは、韓国からやってきたベテラン・ルーキー!? 宇根夏樹2/21(金) 10:08
  3. 3
    “消えた天才”の凱旋。第37回全農日本カーリング選手権大会を盛り上げた隠れた選手とは? 竹田聡一郎2/21(金) 7:00
  4. 4
    「コービーが俺を駆り立ててくれる」NBA復帰を目指すジョアキム・ノア 林壮一2/21(金) 0:01
  5. 5
    韓国開催のACLでイニエスタ人気よりも衝撃だった“新型コロナ対策”はどんなものだったか 金明昱2/21(金) 7:00
  6. 6
    鈴鹿のファン感謝祭「モースポフェス」の中止が決定!コロナウィルスの新型肺炎拡大が影響 辻野ヒロシ2/21(金) 13:45
  7. 7
    愛妻を亡くしながらも息子の騎手デビューを前に懸命に立ち直ろうとする元騎手の話 平松さとし2/19(水) 6:30
  8. 8
    カーリングミックスダブルス日本選手権、コロナウイルス感染拡大で無観客試合へ 竹田聡一郎2/21(金) 14:06
  9. 9
    日米監督事情2020。日本プロ野球とメジャーリーグの違いは、選手としての実績とポジション、あとは… 宇根夏樹2/21(金) 14:52
  10. 10
    島津全日本室内テニス選手権(賞金6万ドル女子国際大会)注目選手紹介(1):大前綾希子 内田暁2/21(金) 2:58