ピアニッチ、デ・ブルイネ、ポグバ…中盤で存在感を示す「新たな血統」と到来する「ボランチ2.0」の時代

C・ロナウドとピアニッチ(写真:ロイター/アフロ)

ミドルゾーンの攻防が、勝負の行方を左右する。

ポゼッション、トランジション、カウンター。フットボールにおいて、戦い方は多様だ。2018年のロシア・ワールドカップで、優勝したのはフランスだった。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグを制したのはリヴァプールだ。

スペインやドイツではなく、フランスが世界王者になった。それは「弱者の兵法」の常態化を印象付けた。そして、攻守の切り替えの重要性は増し、リヴァプールが欧州の頂まで上り詰めた。

■組織のブレイン

かつて、中盤に置かれていたのは、まさに組織の「ブレイン」となる選手だった。

オーケストラの指揮者よろしく味方を操り、試合をコントロールして、攻撃を方向付ける。彼らは指揮官のアイデアを体現する存在で、ピッチ上の監督としてメトロノームを刻んだ。チームコンセプトをピッチ上で拡張する役割を担っていたのだ。

だが、そういった伝統的なMFの居場所は失われていった。代わりに出てきたのが、走れるタイプのMFである。

シャビ・エルナンデスのような選手は「絶滅危惧種」となりつつある。そして二列目から飛び出してゴール前に顔を出しながらも、バイタルエリアをケアしてシュートブロックを行う、ボックス・トゥ・ボックスと呼ばれる選手が「新種」として現れた。

一昔前のポジショナルなMF、オーガナイザーを務める選手と、フィニッシュに絡みゴールを奪えるような選手が同時代に共存するのは難しかった。すると次第に、スティーブン・ジェラードやフランク・ランパードのような選手が重宝されるようになった。

■新種のMF

インテリオール(インサイドハーフ)、ダブルボランチの一角、トップ下...。新種のMFのポジションは定まっていない。

10番のポジションはなくなった。リヴァプールはユルゲン・クロップ監督の哲学に基づき、プレッシングでそれを補う。そう考えると、プレミアリーグの隆盛と現代フットボールの傾向が合致する。

ルカ・モドリッチ、ケヴィン・デ・ブルイネ、クリスティアン・エリクセン、ミラレム・ピアニッチ、ポール・ポグバ、サウール・ニゲス...。MFの新たな血統、新たな系譜が示されている。

フットボールの最難関、それはピッチを俯瞰して、最適なタイミングで、最善の判断をすることだ。容易に相手守備陣の穴を見つけ、スペースに入る。チーム全体のプレーリズムをコントロールする。攻撃方向を定める。プレーに継続性を与える。

新たな血統ーー。彼ら以上にプレーを正確に解釈できる選手はいない。また、彼らは戦術の縛りを受けない。そういう選手でなければ、現在、起用法は難しい。その存在により、対戦相手との「組み方」にバリエーションが与えられる。フットボールの進化と、その過程が、「ボランチ2.0」を生み出したのである。