1年生の活躍で盛り上がった神宮大会は、大阪桐蔭広陵(広島)との打撃戦を制して初優勝を果たした。神宮枠は近畿にもたらされ、来春センバツには7校が出場する。

大阪桐蔭楽勝ペースから一転、乱戦に

 試合は序盤から大阪桐蔭打線が爆発。5回表で8-0と楽勝ペースだった。しかし打線好調の広陵も、大阪桐蔭2番手の左腕・川井泰志(2年)を攻め、5回裏に打者一巡の猛攻で5点を返し、一気に乱戦模様に。取られたら取り返す。広陵が1年生4番の真鍋慧の適時二塁打で追い上げれば、大阪桐蔭は7回に、3番・松尾汐恩(2年=タイトル写真)の、この日2本目のアーチで突き放す。最後は、切り札の前田悠伍(1年)を投入した大阪桐蔭が、11-7で逃げ切った。

意外にも神宮初優勝

 春夏甲子園で計8回優勝している大阪桐蔭は、意外にも神宮大会初優勝。3年前に2度目の春夏連覇を果たした「プラチナ世代」をもってしても成しえなかった「神宮王者」の勲章を、ようやく手にした。それも、西谷浩一監督(52)が、「前のチームより力がない」と厳しく評したチームが、である。改めて、野球は適材適所の好循環が大事なチームスポーツだということを認識させられる。具体的に言えば、軸になる投手と打線のつながりだ。

決勝は5投手が継投

 決勝では5投手がマウンドに上がった。エースナンバーを背負う別所孝亮(2年)が先発して3回を無難に抑えたが、2番手の川井が8安打を浴び、川原嗣貴(2年)の救援を仰ぐことに。川原は犠飛で1点を失う(自責は川井)も、相手に傾きかけた流れを食い止めた。好機で打席が回り代打を送った関係で、6回から4番手に右腕の藤田和也(2年)を投入。真鍋の長打で1点を失って、8回からは満を持して前田がマウンドに上がった。

前田の存在で安心感

 しかし、ここまでの2戦で力投を続けてきたスーパー1年生もさすがに疲れの色は隠せない。ライバル・真鍋に打たれるなどピリッとせず、3安打2四球1失点で、最後の2イニングを投げ切った。「決勝は総力戦で」と語る西谷監督も、終盤の相手の勢いに生きた心地がしなかっただろう。それでも、前田がブルペンにいる安心感があったはずだ。それほどまでに、この1年生に対する信頼は絶大だった。投手陣全体のスケールは前チームより劣るが、頼もしい軸が確立されてゲームプランは一気に立てやすくなった。

オーダー組み換えが奏功

 近畿大会でやや低調だった打線が奮起したのも大きい。西谷監督が、「大もの打ちはいないので、つないでつないで」と言うように、神宮大会では打線が機能した。準決勝の九州国際大付(福岡)戦は、6回に本塁打を含む7本の長短打で7得点するビッグイニングを完成させた。決勝でも序盤に中軸が4連打するなど毎回の18安打。3試合のチーム打率は、.388で4本塁打と文句のつけようがない。4番で力みが目立っていた海老根優大(2年)を5番に下げ、上位打線をジグザグにしてつながりが良くなった。

捕手の松尾が攻守で牽引

 中でも出色だったのが3番を打つ捕手の松尾で、決勝での2本塁打を含め、3試合で13打数8安打4打点と打ちまくった。「自分が引っ張っていくことを意識していた」と言うように、前チームから唯一のレギュラーだった責任感も強く、攻守にわたってチームを牽引している。中学時代は遊撃手で、「ショートとしての資質もあるが、捕手としてはまだまだ勉強不足」と、西谷監督の評価は厳しい。この日も5投手のリードには悪戦苦闘していた。「どうしても楽をして抑えようとする」と指摘するのは、捕手出身の西谷監督ならではで、やはり試合全体をトータルで考えたリードを期待しているのだろう。「これから(捕手の)面白さがわかってくるはず」と、松尾の能力の高さを買って守りの要にコンバートした西谷監督は、さらなる成長を願っている。

神宮枠は近畿。当落線上のチームも強い

 さてこれで神宮枠は近畿にもたらされることが決まり、センバツには7校が出場する。もともと6枠が与えられ、「近畿優遇」という声もあるが、今夏の4強独占からもわかるように、近年の高校球界をリードしていることは明らかだ。実際に、近畿大会準々決勝で敗退した当落線上のチームもかなり強い。具体的には、京都国際東洋大姫路(兵庫)、近江(滋賀)、市和歌山の4校から3校が選ばれることになりそうだが、いずれも甲乙つけがたい。来年1月28日の選考会まで長い日々が続く。