夏のバーベキュー、取るべき熱中症対策

(写真:アフロ)

盆暮れ正月ゴールデンウィーク。日本人は休みに合わせてレジャーを組み立てる。バーベキューはちょっとした休日でも開催できるレジャーのはずだが、長期休暇で家族や友人間の予定を合わせやすい夏がトップシーズンだと思われている。

この7月に消費者庁が発表した「バーベキューにおける食品安全に関する消費者行動のインターネット調査」(n=2000)における「あなたはバーベキューをいつ行うことが多い?」(複数選択可)という設問でも、夏(6~8月)が全体の70.2%とダントツの支持を得た。以下春(3~5月)の47.2%、秋(9~11月)の25.6%、冬(12~2月)の3.9%と続いた。国民的認知としては、「バーベキュー=夏」なのだ。

だがちょっと待ってほしい。今年の夏は今月に入ってから猛暑日の連続で、まだ数日ではあるが8月の平均気温は30.0℃。連日、熱中症にまつわる報道がなされている。

熱中症疑いの死者8人…全国159地点で猛暑日(読売新聞オンライン8月3日(土)19:39配信)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00050257-yom-soci

これほどの猛暑下なのだ。出かけるだけでも注意が必要になる。ましてや火を使ったバーベキューを行うのなら、より入念な準備が必要となる。

熱中症予防の指標≠気温

ちなみに上記報道もそうだが、ニュースでは気温と熱中症リスクがイコールかのような見出しがつけられていることが多い。だが正確には、熱中症予防の指標は気温ではなく「暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)」というもの。この指標には気温も要素としては盛り込まれているが、単純に気温とイコールというわけではない。

WBGTは人体の熱収支に与える影響の大きい「湿度」「日射・輻射(ふくしゃ)」「気温」という3つの要素を取り入れた指標。実は要因としては「気温」よりも、むしろ「湿度」に重きが置かれている。

暑さ指数(WBGT)の実況と予測――環境省熱中症予防情報サイト 

http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

「湿度の効果:輻射熱の効果:気温の効果」を「7:2:1」という比率で割り振り、さらに風(気流)という要因も加える。

熱中症は、体内の熱を汗などで体外にうまく放出できず、体を冷やせない状態で起こる。この時期の週末、都市部の商店街等で行われる飲食系の”町フェス”などは「高湿度」「(アスファルトや建物の)輻射熱」「猛暑」という条件がそろいやすい。くれぐれも水分補給等の熱中症対策を怠りなく。

さて、バーベキューに話を戻そう。個人的には春や秋がベストシーズンだと考えるが、「この時期でこそ!」という人もいるだろう。猛暑日が続くなかできる対策を環境省熱中症予防情報サイトの「熱中症を予防するには?」と照らし合わせながら紹介していきたい。

まず予防策の項目としては「涼しい服装」「日陰を利用」「日傘・帽子」「水分・塩分」が挙げられ、加えて以下のような注意喚起がなされている。

・無理をせず徐々に身体を暑さに慣らしましょう

・室内でも温度を測りましょう

・体調の悪いときは特に注意しましょう

出典:熱中症の基礎知識――環境省熱中症予防情報サイト

着脱のラクな耐火グローブは必携

ただ、いきなり「涼しい服装」と言われてもこれがバーベキューにおいては悩ましい。というのも炭のような熱源を取り扱う人ならば、長袖、長ズボンなど体が覆われていることが望ましいからだ。といっても、さすがにこの猛暑下で長袖はしんどい。というわけで、おすすめはこういうグローブ。

ウェルザ熔接用5本指

https://www.monotaro.com/g/02601031/

モノタロウ

画像

バーベキューでグリル周りの作業をするときに軍手が使われることがあるが、軍手は耐火性でもなければ耐熱性もない。火傷・事故防止のためにも、ぜひ耐火・耐熱グローブを使っていただきたい。溶接用のグローブならばアウトドア用品よりも安く手に入る。上記のような事業者系通販サイトで1000円程度。

加えて上記のグローブはヒジ近くまで覆われるタイプのもの。半袖を着ていても腕の大部分が覆われるので、火傷のリスクも低減できる。細かいポイントだが、内部に多少のゆとりがあって、着脱がラクなのもこの季節には重要なポイントだ。もちろんビシッとタイトに決めたい人はアウトドアメーカーからも耐熱・耐火性のあるグローブが販売されているので、好みのものを選ばれたし。

場所選びと道具で熱中症リスクは格段に下げられる

グループ全体で心がけたいのが、日陰の確保。理想は木陰やせせらぎのあるような自然のなかだが、都市部ではそうもいかないだろう。以下のようなポイントに気をつけたい。

・木陰などなるべく周辺の広範囲が日陰になる場所

・周囲に日に当たって輻射熱を発するアスファルトやコンクリートなどが少ない場所

・風通しのいい場所

日差しは刻々と変わるので、終了時間も考慮しながらタープなどを張り、確実に日陰をキープできる場所を作りたい。日陰で風通しがいい場所なら熱中症リスクは低減できる。

帽子・日傘も熱中症予防の役には立つが、取り扱いは慎重に。以前、風で飛ばされた日傘が、熾きた炭のグリルに落ちて炎上するというシーンを目撃したことがある。そのグループの若者たちは、起きた出来事が予想の斜め上過ぎたのか、固まったまま呆然と燃える日傘を眺めていた。

アルコールの摂取は水分補給にはならない

水分・塩分は言わずもがな。とりわけ水分は重要だ。バーベキューで料理を食べていれば一定の塩分を取ることはできるが、アルコールの摂取は脱水状態になりやすい。最低でも飲んだお酒と同量の水分を摂取するよう心がけ、クーラーボックスに冷たいミネラルウォーターなどソフトドリンクを十分に用意しておこう。

そういえば、少し前に、「おいしいという感覚の正体を探る」というような専門家会議に出席したとき、俳句の偉い先生が「あら。あなたバーベキューをなさるの? この間ワタクシ、夏の副季語に『バーベキュー』を推薦させていただいたのよ」と仰っていらした。

そのときは「夏は暑いので、気をつけてくださいね」と返したが、この猛暑のなかバーベキューをやるなら、無理は禁物。できる限り緑と水があり、輻射熱が少しでも低い場所を選んでいただきたい。炭や会場、参加者に至るまで、さまざまな”熱”をコントロールして、楽しい場を作り上げるのがバーベキューの醍醐味でもある。

東京都武蔵野市生まれ。食専門誌から新聞、雑誌、Webなどで「調理の仕組みと科学」「大衆食文化」「食から見た地方論/メディア論」などをテーマに広く執筆・編集業務に携わる。テレビ、ラジオで食トレンドやニュースの解説なども行い、食にまつわるコンサルティングも。著書に『大人の肉ドリル』『新しい卵ドリル』ほか。共著のレストラン年鑑『東京最高のレストラン』(ぴあ)審査員、『マンガ大賞』の選考員もつとめる。経営者や政治家、アーティストの書籍やWeb企画など多様なコンテンツを手がけ、近年は「生産者と消費者の分断」、「高齢者の食事情」などにも関心を向ける。日本BBQ協会公認BBQ上級インストラクター

有料ニュースの定期購読

食とグルメ、本当のナイショ話 -生産現場から飲食店まで-サンプル記事
月額550円(初月無料)
月2回程度
食のブランド化と多様化が進むなか、「安全」で「おいしい」食とは何か。生産地からレストランの最前線まで、食にまつわるすべての現場を巡り、膨大な学術論文をひもとき、延々と料理の試作を繰り返すフードアクティビストが食とグルメにまつわる奥深い世界の情報を発信します。客単価が二極化する飲食店で起きていること、現行のA5至上主義の食肉格付制度はどこに行くのかなどなど、大きな声では言えない話をここだけで話します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ