ラグビーの全国大学選手権第2ステージは21日行われ、注目のC組では明大が大味なラグビーで難敵の大東大を41-29で倒し、2連勝で勝ち点を12に伸ばした。明大の丹羽政彦監督は「勝ち点6をとったことだけ、今日は評価できる」とぶ然とした表情だった。

 「FWがつくったチャンスを、バックスがことごとくミス、選択ミスをしている。チームでやろうとしていることが、みんなに浸透できていない。私を含めたコーチのせいだと思います」

 明大は早大戦での敗退後、看板のFWがまとまってパワーアップしてきた。スクラムで圧力をかけ、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)でも優位に立ち、相手ボールを何度も奪取した。試合開始直後のトライのあと、敵陣ゴール前のスクラムで「ST」(スクラムトライ)を狙うと見せて、ナンバー8の山下誉人がすぐに左サイドを突いて、左隅に飛び込んだ。さらにスクラムの右サイドを突いた後、オープンに回して、WTB紀伊皓太がトライ。17-0と先行した。

 だが、大量リードに気が緩んだのか、ハンドリングミスが重なり、窮地を招く。SO田村煕(ひかる)を故障で欠いていたこともあって、ゲームメイクもチグハグだった。2トライを返され、17-10で折り返した。

 後半も、一時34-10としながら、ラスト3分には34-29と詰め寄られた。プロップの勝木来幸主将やFWリーダーが途中交代で不在だったこともあるが、相手ゴール前スクラムで「ST」を狙いにいったところ、コミュニケーションミスでボールを出して、バックスに展開する場面もあった。

 つまるところ、意思統一がなされていないのである。ボールへのレスペクトと技術がないから、ハンドリングミスを犯すのである。FWの押しをバックスが生かせない。チームとして、強さともろさが同居している。

 勝木主将は、試合前のロッカー室で、「負けて学ぶものはもう、ない!」と檄を飛ばしたという。必勝を期したわけだが、「全然、満足できる内容ではなかった」と反省する。

 「相手もシーズンの終わりがかかっているので、決してあきらめない。スタンドオフには1年生の堀米(ほりまい=航平)くんが入っていたので、いつもと違うデシィジョンをやってしまうこともある。でも、そこは助け合い。FWがとにかく前に出て、プレーすることが大事だと思います」

 準決勝進出をかけた第2Sの最終戦(27日)の相手は、黄金バックスを誇る筑波大である。FWが相手を圧倒しなければ、厳しい戦いを強いられることになる。「絶対、負けられない」と勝木主将はコトバに力を込めた。

 「メイジといえば、FWが看板なので、そこで前に出れば、チームも乗ってくる。今日とは別のチームになります。メンバーの意味ではなく、チームの気迫がガラリと変わって、もっとFWを前面に出していきます」

 王者復活への望みをつなげることができるか。もっとシンプルに、もっと激しく。勝負のポイントとして、同主将は「FWとディフェンス」を挙げた。