先崎学九段、二歩で反則負け 叡王戦九段予選

(画像撮影:筆者)

 8月12日。叡王戦九段予選▲島朗九段-△先崎学九段戦で事件が起こりました。

 棋譜は叡王戦の公式ページをご覧ください。

 http://www.eiou.jp/kifu_player/20190812-1.html

 島九段先手で、矢倉模様の立ち上がり。対して後手番の先崎九段は矢倉中飛車の作戦です。5筋の歩を交換した後、5筋の相手陣一段目にと金を作り、このと金を守るために、二段目に歩を打ちました。この連携した2枚の駒は、終局まで残ります。

 本格的な戦いとなった後は、目くるめくような大立ち回りが続きました。先崎九段が大きく優位に立ったかのようにも見えましたが、島九段も粘り、形勢は二転三転します。

 160手目。島九段の玉には△6六龍▲同玉△5五金という、まるで詰将棋のように美しい詰み筋が生じていました。もしその手を読み切れていれば、中盤からずっと残っている歩とと金がいきる展開で、先崎九段の名局となっていたかもしれません。

 先崎九段は代わりに△6六角という攻防手をはなちます。しかし、これがわずかに判断ミスだったか。そこでまた、形勢が入れ替わったようです。

 最後は島九段の勝勢に。先崎玉には、長手数ながら詰みが生じています。しかし、実戦の中で、詰むや詰まざるや、というところ。

 島九段が▲6四角と打ち、4二にいる先崎玉に王手をかけました。対して、先崎九段はどう受けるか。

 184手目。先崎九段は歩を手にします。そして△5三歩と打ちましたした。

「ああー、ダメダメダメ!」

 解説の棋士と女流棋士が悲鳴をあげる中、先崎九段は二歩を打ってしまったのでした。遠く離れた5八の地点に歩がいるため、ついうっかりしそうなところでした。

【関連記事】

トップ棋士が「角のワープ」で反則負け 109手目の痛恨ミス

https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20181018-00100991/

なぜ次々と起こる? 若手女流棋士、ベテラン男性棋士が「二歩」で反則負け

https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20181023-00101521/

将棋で反則をしたら、いさぎよく負けを認められるか

https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20190718-00134731/

棋士でもミスはする

 人間同士の対戦ですから、ミスは起こります。

 筆者は2005年、NHK杯戦で先崎学現九段-松尾歩現八段戦で観戦記を担当したことがありました。その時は松尾さんが二歩を打ってしまい負け。局後、筆者は勝った先崎さんにいろいろ質問しました。松尾さんが二歩を打ってしまったことに関して、先崎さんはほとんど触れず、相手を気遣っていました。そして松尾さんの健闘を称えていたのが印象的でした。

 島九段-先崎九段戦。最後にアクシデントが起こったのは、大熱戦だったゆえでしょう。