新型コロナ「都市封鎖」で起こる「都会から地方への感染」「老人ホームの大感染源化」…スペインに学ぶな!

入居者144人中72人が感染、4人が死亡した老人ホーム。先週軍隊にSOSを出した(写真:ロイター/アフロ)

マスク配布を決めて批判された安倍首相も、スペインでなら絶賛されるかもしれない。

「日本に学べ!」

昨日からそんなことが言われている。何てことはない。今さら「マスクをしましょう!」という話なのだが、少し前まで「誤った安心感を与える」「マスク着用の必要は無い」と、保健省自身が口を酸っぱくして言っていたのだ。

マスクの効果には専門家の間でも賛否ある。だが、着用して悪いことは絶対に無い、というのは誰でもわかる。

現在、街を行き来する人の着用率は6割くらい。不要発言のお陰で非常事態宣言が出る少し前までマスクは普通に買えたが、今日からはまた品切れ必至だ。

マスクには「感染する」のを防ぐより「感染させる」のを防ぐ効果が大きいから、この方針転換は、国民に無症状の感染が広がっていることを認めた証拠かもしれない。

全土封鎖から23日目、感染者数が世界2位になったタイミングでのマスク着用令。

まさに、スペインに学ぶな!だ。

4月5日午前11時半現在

感染者数:13万759人(前日比6023人増)

死者:1万2418人(前日比674人増)

※数字はいずれも公式発表。

連日800人超だった死者の増加数は減少。良い傾向だが、昨日当然のように非常事態宣言が15日間、4月25日まで延長された。これで2度目の延長。今はウイルスへの恐怖が家に閉じ籠ることの不満を上回っているが、政府への不信感が強まっていることもあり、これ以上長引けばどうなることか。

今日も「都市封鎖」で次々と起こる12のことを掘り下げる。(1:遅れた非常事態宣言記事はここ

2:感染危険地域からの人の流出 

都会からの人の大移動が起こり地方へ感染が拡大する。これは絶対に止められない。なぜなら、非常事態宣言抜きには法的、物理的に移動を阻止できないから。「要請」では無理である。州境や県境に警察や軍隊を送り検問所を置いて罰金や懲役刑を科して、やっと止まる。

まずは大学生。授業再開の目途が立たなくなった段階で帰郷が始まり、マドリッド、バルセロナ、バレンシアでの都市封鎖が噂されるようになって加速した。さらに、自粛で休職した人や子供のいる家族、最後は地方へ移住先のある人全員、というふうに大移動は連鎖していく。

スペインの場合、地中海沿岸にバケーション用の別荘を持つ人が多いのも災いした。全土封鎖の前に地方自治体が独自の判断でビーチを封鎖して、何とか阻止した。

強制力の無い「要請」では阻止不可能

帰省や田舎の親戚を訪ねる、という彼らへ「封鎖しますから感染危険区域に留まってください」とはお願いできないし、避難して来た人たちを押し戻すのは人道的にも難しい。

この点、スペインの一律抜き打ち「全土封鎖」は効果があった。どこへ逃げても同じなら観念するしかないし、逃げる時間もなかった。対照的に、イタリアの「都市封鎖」は失敗した。政府はまず感染が先に広がった北部を封鎖するのだが、その情報が前夜マスコミに漏れ北部のターミナル駅ミランから南への大移動が始まった。切符を持たず飛び乗る者も多かった。無賃乗車の罰金を払ってでも逃げ出したかったからだ。

日本の場合もやはり先に大都市で感染が拡大している。緊急事態宣言は強制力を伴わないらしいが、では、どう移動を阻止するのだろうか?

3:老人ホームでの大規模感染 

確認されている大規模な感染源はサッカースタジアムでもコンサート会場でもなく、老人ホームだった。通常の死亡と見なされていたのが、実は静かな感染爆発の結果だったのだ。

この国で最初の感染者が発見されたのは1月末。しかし過去にさかのぼって肺炎で亡くなった人へのテストを行うようになったのは2月25日。それによって多くの人がコロナ感染死であったことが判明し、公式には感染者数1桁台だった2月中旬には、すでにウイルスが蔓延していたことがわかった。致命的な初動の遅れである。

病院ではないから医療設備も装備も不十分な上に、当時は海外からの旅行者が運んで来る病気、とされていたから医師と職員の関心も低かったのだが、彼らを咎めることはできない。空港や駅での水際対策に目を奪われた政府も、内陸で沈黙のままお年寄りが犠牲者になっていたなんて想像してもいなかったのだから。

若者&病院優先で忘れ去られた?

非常事態宣言が出され、老人ホームからのSOSに軍隊の医療部隊が駆け付けてみると、多数の遺体がベッドに放置されたままだった、といった悲惨なニュースが毎日のように届くようになった。『エル・パイス』紙など有力メディアの調べによれば、老人ホームで感染した人が少なくとも6600人おり、死亡した入居者が全死亡者の4分の1、3600人いるとされる。政府が公式な数字を発表しないのは失策を隠すためではないか、という憶測も出ている。

スペインは世界有数の長寿国で平均寿命は83歳、同じく犠牲者を多く出しているイタリアも同じ。両国よりも日本の平均寿命は1つ上。

医療崩壊が起き、人工呼吸器が若者に優先的に回されている。そんな悲惨な状況が老人ホームを後回しにさせた、とは思いたくないが……。

(次回に続く)