シリア北東部のハサカ市にあるグワイラーン刑務所で1月20日に襲撃・脱獄事件が発生してから7日目を迎えた1月26日、シリア民主軍が刑務所の完全制圧を宣言し、ようやく事態収束の兆しが見えた。

関連記事

シリア北東部でのイスラーム国の反乱に伴う混乱の責任を免れようと国際機関をも非難するクルド民族主義勢力

シリア北西部でのイスラーム国の反乱で露呈したクルド民族主義勢力と米軍の統治能力の低さ

シリア北東部でのイスラーム国による刑務所襲撃・脱獄事件で対立を深める紛争当事者、混乱波及への不安

シリア北東部でイスラーム国による刑務所襲撃・脱獄事件が発生、米軍が支援するシリア民主軍と激しく交戦

クルド人が多く住むシリアのアフリーン市一帯にトルコが侵攻してから4年:シリア北部でにわかに高まる緊張

グワイラーン刑務所は「分離主義テロリスト」とみなすクルド民族主義組織の民主統一党(PYD)が主導する北・東シリア自治局が実効支配するハサカ市南部のグワイラーン地区の工業高校を転用した施設で、同自治局の管理のもと、イスラーム国のメンバー5,000人以上が収容されていたとされる。1月20日、イスラーム国のスリーパーセルがこの刑務所を襲撃、収容されていたメンバーが脱獄を図り、PYDの民兵である人民防衛隊(YPG)を主体とする北・東シリア自治局の武装部隊のシリア民主軍、アサーイシュと呼ばれる内務治安部隊、そしてPYDを全面支援する米国(有志連合)との間で激しい戦闘が発生していた。

シリア民主軍の勝利宣言

シリア民主軍の広報センターは1月26日の正午に声明を出し、イスラーム国のメンバーらが立て籠もっていたグワイラーン刑務所内にある最大区画を制圧したと発表した。続いて、午後1時半にも声明を出し、イスラーム国メンバーが相次いで投降していると発表した。

英国で活動する反体制系NGOのシリア人権監視団によると、投降者の数は1月26日だけで1,600人以上に上り、前日までに投降した1,100人と合わせて、投降したイスラーム国メンバーの数は2,500人以上に達した。

そして、シリア民主軍の広報センターは午後2時50分に3つ目の声明を出し、グワイラーン刑務所でイスラーム国を敗北させたとして、勝利宣言を行った。声明の内容は以下の通り:

「人民の金槌」軍事治安作戦は、我らが部隊によるハサカ市の工業(高校)刑務所(グワイラーン刑務所)の制圧と、すべてのイスラーム国・メンバーの投降によって頂点を迎えた。

シリア民主軍広報センター、2022年1月26日
シリア民主軍広報センター、2022年1月26日

折しも1月26日は、7年前にYPGおよびその女性部隊である女性防衛隊(YPJ)が、トルコ国境に面するアレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市での4カ月にわたるイスラーム国との戦闘の末、同市を制圧した日であり、シリア民主軍、北・東シリア自治局、PYDなどはこの戦闘での勝利と重ね合わせて、グワイラーン刑務所の制圧を自賛した。

シリア民主軍広報センター、2022年1月26日
シリア民主軍広報センター、2022年1月26日

また、PYDに近いハーワール・ニュース(ANHA)は、ハサカ市の住民らが街頭でグワイラーン刑務所制圧を祝っていると伝え、写真や映像を掲載した。

刑務所一帯では戦闘が続く

だが、イスラーム国との戦闘は完全には収束していない。

ANHAによると、グワイラーン刑務所一帯では、アサーイシュの緊急対応部隊(Hevalno Asayîşe Rojava、HAT)がイスラーム国メンバーへの追跡・掃討を続けるとともに、グワイラーン地区の南に隣接するズフール地区にその範囲を拡げた。

これに関して、国営のシリア・アラブ通信(SANA)は、シリア民主軍が、逃亡したイスラーム国のメンバーの追跡を口実に、グワイラーン刑務所(西グワイラーン地区)、ズフール地区の住宅地、ハサカ市の南および東に位置する村々で強制捜査を行い、住民多数を拘束、連行したと伝えた。

また、シリア民主軍が、イスラーム国のメンバーが立て籠もっているとして、グワイラーン地区の墓地(グワイラーン墓地)に面する住宅10棟を重機で破壊したと報じ、その写真を掲載した。

SANA、2022年1月26日
SANA、2022年1月26日

他方、シリア人権監視団によると、米主導の有志連合所属のヘリコプター1機が1月26日晩に、グワイラーン墓地とイスファンジュ通りの間に位置する地区で、イスラーム国の外国人メンバーのグループを狙って機銃掃射を行い、6人を殺害した。

また有志連合所属の戦闘機複数機が、グワイラーン刑務所一帯に対して複数回のミサイル攻撃を行った(この攻撃による死者はなかったという)。

なお、同監視団によると、1月20日以降の戦闘による死者数は187人。内訳はイスラーム国・メンバー130人、シリア民主軍、アサーイシュ、刑務所守衛が50人、住民7人。

避難住民への支援も続く

グワイラーン地区、ズフール地区からの住民の避難も続いた。

ANHAは、北・東シリア自治局支配下のハサカ市各所に避難した住民に対して、クルド赤新月社が医療支援活動を行ったと伝えた。クルド赤新月社の支援チームのリーダーを務めるアリー・ムハンマド・イーサー氏が明らかにしたところによると、北・東シリア自治局の支配地内に設置された複数の収容センターで、798世帯約4,000人の医療ケアを行ったという。

ANHA、2022年1月26日
ANHA、2022年1月26日

クルド赤新月社は、ドイツ、スウェーデン、英国で慈善団体として登録している複数のNGOが1993年に統合して結成した国際NGO組織。

北・東シリア自治局の支配地域を中心に活動を行っているがシリアのNGOではなく、シリアの法律のもとに公認された慈善団体でもない。また、国際赤十字赤新月社連盟は、1カ国1組織を原則としているため、この組織を承認していない。

一方、SANAによると、ハサカ県社会問題労働局が治安厳戒地区内のサーリヒーヤ地区にあるムスタファー・モスクに7カ所目となる一時収容センターを設置し、シリア赤新月社、NGOなどが支援を続けた。

SANA、2022年1月26日
SANA、2022年1月26日

政府支配下の治安厳戒地区に避難した住民は1月24日晩までに3,900世帯に達していた。