ノルウェー防衛大臣「ニュージーランドとノルウェーのテロ実行犯は接触していないはず」

イェンセン防衛大臣 Photo: Asaki Abumi

ニュージーランドでの乱射テロを起こしたブレントン・タラント容疑者。犯行声明「マニフェスト」には、2011年にノルウェーで77人を殺害したアンネシュ・ブレイビク受刑者が登場する。

ブレイビクとの面会で「ブレイビクから祝福を受けた」とするタラント容疑者の主張は、ノルウェーで大きなニュースとなった。

18日、フランク・バッケ=イェンセン防衛大臣(保守党)は、ノルウェー国際報道協会との合同取材に応じる。

「私が知る限りでは、タラント容疑者はブレイビクと接触していません。犯行には7月22日のノルウェーテロと多くの類似点があるので、ブレイビクのマニフェストを読んだのかもしれません」と防衛大臣は答える。

ニュージーランドでテロが起きた直後、ノルウェーのアーナ・ソールバルグ首相(保守党)は、「我が国で起きた最も最悪な事件を、残念ながら連想させる」と、対過激派対策がより重要になってくると現地メディアに答えた。

ニュージーランドでのテロは、ノルウェーテロの悲痛な記憶を思いださせると、遺族や生存者たちはノルウェー国営放送局NRKに答えている。

ノルウェーテロの遺族や生存者らは、遺族会やテロでの遺品などを展示する「22/7センター」で、語り部など、当時の出来事を伝える活動を今でも続けている。

ブレイビクの赤い血にまみれた過激思想によって、「新たなブレイビクが生まれないように」、「彼の思惑通りに、私たち自身が変わってしまわないように」と言い続けているノルウェーの人々。

一方で、インターネットで広まり続け、消えることのないブレイビクの影を止めることは難しく、憤りを覚えているのが現状だ。

Photo&Text: Asaki Abumi