ノルウェー農業に最も影響力がある「100人」に、野生オオカミや気候変動

57頭中42頭の処分が検討されているオオカミ(写真:アフロ)

19日、ノルウェーのナショーネン紙や農業連盟らが、今年のノルウェーの農業事業において最も影響力を及ぼした100人を発表した。

1位はヨン・ゲオルグ・ダーレ農業・食料大臣。

政治家や政府機関の代表らが名を連ねる100人の中には、人間以外もランクインしていた。

「気候変動」は今年初めての登場で、4位に。気候変動とパリ合意が地球と農業に影響を与えるほか、肉食中心の生活についての議論などが影響した。

筆者の記事でも何度も紹介してきた、オオカミ射殺が激しく議論されているノルウェー。

「オオカミ」は、昨年は7位だったが、今年は11位と少し順位を下げた。

首相や大臣たちよりも影響力があるオオカミ。右の12位は財務大臣 Photo: Asaki Abumi
首相や大臣たちよりも影響力があるオオカミ。右の12位は財務大臣 Photo: Asaki Abumi

オオカミ射殺において大きな決定権を持つヘルゲセン気候・環境大臣(保守党)は、16位から13位へと上昇。

オオカミ射殺に最も積極的な左派野党「中央党」のヴェードゥム党首は、20位から17位に上昇。

オオカミは、19位のアーナ・ソールバルグ首相を上回る影響力をもつようだ。

他に、人間ではないものとして、30位には農業関係者が集い議論するFacebookページもあった。

農業関係者に愛読されているナショーネン紙のインタビューでは、1位のダーレ農業大臣は、自身の順位を知る前に「私は、オオカミより順位は上か、下か?」と記者に聞いていた。

ノルウェーでは、ヒツジを襲うオオカミをどれだけ減らすかの議論と、世界自然保護基金ノルウェーと政府の裁判が続いている。

Text: Asaki Abumi