Yahoo!ニュース

BTS兵役手続き 4人はいま準備段階のどのあたり? キーになるふたつの「公式情報」

(写真:ロイター/アフロ)

「彼らの入隊時期は、早ければ今年中、遅ければ来年初めになる可能性が高い」

22日、韓国最大の通信社「聯合ニュース」がこう報じた。

同日にBTSのRM、ジミン、V、ジョングクが「兵役義務の履行のための手続きを始めた」と所属のBig Hit Musicが発表したことを受けてのことだ。合わせて公式に発表された内容は「入隊に関する後続のニュースは、決まり次第お知らせします」。

ではその「兵役義務の履行のための手続き」とはどういったものなのか。

彼らの準備段階はいまどのあたりにあるのか。

入隊時期はいつくらいになるのか。

22日の発表後にジミン、ジョングクが来日。いっぽうでVは髪を切ったことを思わせる投稿をSNSにアップした。韓国兵務省が発表している「手続きの流れ」を基に予測を立ててみる。

STEP4の「入営申請書」を出す時が「最も緊張」

まず、兵役生活開始までの準備ステップは以下の6つとなる。

1. 兵役判定検査申請の提出:各地の兵務庁に行き、「兵役判定検査申請」を提出し、身分証明書(住民登録カード)も提出。以下動画には申請方法が記されており、メンバーも必ず見る兵務庁のサイトの画面なども閲覧可能。

2. 兵役判定検査の受検:写真撮影後、そのまま検査を受ける。検査内容は血液・尿検査、内科・外科の基本精密検査など30項目。1日2度受付時間があり、検査の所要時間は約4時間。【重要=1月は検査が休み。韓国のどの検査場も受け付けていない】

3. 身体等級の判定:検査の結果により身体等級が定められる。この結果により軍人としての「身体等級」が定められる。1級から4級までなら「現役兵(軍人)」。5級以降は「補充役(ボランティアに従事)」「免除」や「再検査」などの対象に。

4. 入営申請書の提出:兵務庁に「入営申請書」を提出し、入営希望日を記す。多くの韓国人男性にとってサイト上でこの申請ボタンを押す瞬間が「いよいよ軍隊に行く時」と覚悟を決める緊張の時のようだ。

5. 入営通知書の受領:兵務庁から入営日の30日前までにメールやカカオトーク、登記郵便で「入営通知書」を受け取る。

6. 入営準備:髪を短く切り、最小限の持ち物で入営する準備を進める。ちなみに入営所への旅費は兵務庁が負担。通知後5日以内に銀行口座に入金される。

-----以下、実質上の軍隊生活の始まり

7. 入営部隊での基礎軍事訓練:各部隊に配属される前に軍人としての5週間の基礎軍事訓練を受ける。厳密に言うと「入隊」ではない。入隊前の研修期間のようなもの。

8. 部隊への配置:基礎軍事訓練後、本人の希望や無作為の抽選やにより配置場所が決定される。勤務地は全国のどこになるのかは分からない。

「入営日の早期発表もありうる」の根拠となるデータ

では、RM、ジミン、V、ジョングクはどの段階にあるのか。

まず前提として3点の整理が必要だ。

「入営日は個人の意思で決定できる(ただし希望日の受付期間あり)」

それゆえ

「4人が同じタイミングで同じように手続きを進める必要がない」

そして

「急ぐ必要はない(事務所側の方針があれば別)」

2020年8月に韓国国会で定められた特例により、BTSメンバーは30歳の誕生日まで兵役義務履行時期が延期ができるようになった。今回発表となった4人には少し時間がある。

RM 1994年9月12日

JIMIN 1995年10月13日

V 1995年12月30日

JUNG KOOK 1997年9月1日

では、4人の手続きがどういった段階にあるのか。推測してみよう。

まずは、韓国の超有力通信社の聯合ニュースによる「早ければ今年中、遅ければ来年初め」という見立てを基に考えると、あるポイントが非常に重要になる。

入隊のために必ず必要な「兵役判定検査」は1月が休みだということ。

韓国兵務庁公式サイトより 青枠は筆者による
韓国兵務庁公式サイトより 青枠は筆者による

上記は今年の検査実施時間の概要だが、2月1日がスタートになっている。1月は検査の受付はできるが実施は休み。この日程が変わったというニュースは見ないから、2024年1月は入隊の必須条件であるこの検査が受けられない。

来年の2月に検査を受けて、入営を進めるとなると「聯合ニュース」の「年内から来年初め」という予想とは噛み合わなくなる。

ということは、もうすでRM、ジミン、V、ジョングクの入営準備は6つのステップのうち3もしくは4までを済ませている可能性がある。

来年の入営日程の本人選択は「11月24日」が受付日

そう予測できる根拠がもう一つある。

以下も韓国兵務庁の公式サイトからだ。「来年の現役兵入営日程の本人選択」の申請案内の内容を記したお知らせ内容では、3次申請のソウルでの受付期間が11月24日になっている。

22日にBig Hit側が「手続きに入る」と発表した際には、すでに入営のための準備段階が進んでおり、すでに24日に入営日を決めたという可能性もある。

韓国兵務庁公式サイトより 赤枠は筆者による
韓国兵務庁公式サイトより 赤枠は筆者による

何より11月26日にVが切り落とした髪の毛を投稿したものが「入営に向け髪を切り落とした写真」なのであれば、やはりそれは基礎軍事訓練に入るための秒読み段階だとも取れる。なぜなら髪を切っての準備は本当に最終段階で行うものだからだ。

近々、Big Hit側が22日にプレスリリースで記した「入隊に関する後続のニュース」の発表はあるだろうか。

吉崎エイジーニョ ニュースコラム&ノンフィクション。専門は「朝鮮半島地域研究」。よって時事問題からK-POP、スポーツまで幅広く書きます。大阪外大(現阪大外国語学部)地域文化学科朝鮮語専攻卒。20代より日韓両国の媒体で「日韓サッカーニュースコラム」を執筆。「どのジャンルよりも正面衝突する日韓関係」を見てきました。サッカー専門のつもりが人生ままならず。ペンネームはそのままでやっています。本名英治。「Yahoo! 個人」月間MVAを2度受賞。北九州市小倉北区出身。フォローお願いします。https://follow.yahoo.co.jp/themes/08ed3ae29cae0d085319/

吉崎エイジーニョの最近の記事