Yahoo!ニュース

【日本人には謎】韓国ドラマによく出てくる不思議な行動!Part235:ムダンとは? 他

トリリンガルのトミ韓国語講師/YouTuber

みなさん、こんにちは~!

いつもご覧くださり、ありがとうございます。

さぁ~!今回もさっそく「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動シリーズ」をお届けしていきますよ~^^

今回はどんな不思議かといいますと、日本では馴染みがないけど、韓国ドラマのなかによく出てくるちょっと不思議な存在たちをご紹介していきたいと思います!

ひとつめはこちら~

「九尾狐って、どんな狐?!」

みなさん、「九尾狐(きゅうびこ)」って聞いたことありますか?

その名の通り、9本のしっぽを持つ狐のことですね。

古くから中国や朝鮮半島、日本に伝わる伝説上の霊獣とされています。

実はこの九尾狐、韓国ではとてもポピュラーな存在なんですよ。

九尾狐は、韓国語では「구미호(クミホ)」といいます。

韓国の妖怪やお化けのなかで最もよく知られているのは「도깨비(トッケビ)/鬼」ですが、九尾狐はその「도깨비(トッケビ)」と並ぶくらい韓国では親しみのある妖怪です。

そのため、九尾狐を題材にしたドラマも多く作られているんですよ!

2010年に放送されたのは「僕の彼女は九尾狐」というドラマです。

このドラマでは、シン・ミナがキュートで憎めない九尾狐を演じています。

また、2020年には、「九尾狐伝〜不滅の愛〜」が」放送されました。

九尾狐はイ・ドンウクが演じています。

イ・ドンウクの神秘的な雰囲気が九尾狐役にピッタリでした。

そして、2021年には「九尾の狐とキケンな同居」というウェブ漫画がドラマ化されました。こちらはチャン・ギヨンが九尾狐でした。

このドラマの原題は「간 떨어지는 동거(カン トロジヌン ドンゴ)/肝の冷える同居」といいます。

九尾狐は昔から人の肝臓を食べるといわれていることもあり、ヒロインにとってはまさに肝の冷える状況ですよね笑

韓国の九尾狐には、精気を吸い取るとか命を食われるという恐ろしい言い伝えがありますが、実は「本当は人間になることを望んでいる」というエピソードも多いんです!

人間との恋を描く際に、九尾狐の「人間になりたい」という願いがより切なさを際立たせているようにも感じられます。

妖怪というと恐ろしいイメージがありますが、ドラマを観ていると、なんだか九尾狐がとても身近で愛おしい存在に思えてきますね!

それでは、もうひとつ不思議な存在を紹介します!

「ムダンとは…何をする人?」

時代劇やファンタジー系の韓国ドラマには「무당(ムダン)」と呼ばれる人が出てくることがあります。

特に時代劇では、その姿は見えなくても、実は裏でムダンの力が使われているということが多いんですよ!

宮中祭祀を行なうほか、吉日を占ったり、勢力争いで誰かに呪いをかけるときにも影でムダンの力が働いているんです。

「무당(ムダン)」は、漢字では「巫堂」と書きます。

ドラマの字幕などでは巫女や占い師と訳されることが多いですが、ムダンは朝鮮半島に古来より伝わる土着宗教や民俗信仰の儀式をおこなう祈祷師のことなんですね。

ムダンは霊や神と人間をつないでくれる存在とされています。

精霊や守護神、神様や死者の魂などと通じる能力があり、自分の身体にそれらを憑依させて、その言葉を人々に伝えます。

「굿(グッ)」と呼ばれる儀式は有名で、楽士たちが激しく音楽を奏でるなか、ムダンは激しく踊り狂い、霊や神と交渉をします。

その身体に霊や神を降臨させるこの儀式は長時間にわたり、12時間程度かかることもあるんです!

そのほかにも漁師町や農村などではムダンによる大漁祈願や豊作祈願がおこなわれ、不幸や災難がつづくときにはムダンを招いてお祓いをしてもらうことも多かったといいます。

さらに、原因不明の病の治療にもムダンの力は使われていたそうです。

そして、ムダンの住む家には目印があります。

赤や白の旗、または色とりどりの布が掲げられている家、玄関に「卍」の文字が書かれている家はムダンがいるという目印です。

不思議な力を持つムダンだけに、人里離れた山奥に住んでいそうなイメージがありますが、この目印は意外と街の中でも目にすることがあるんですよ。

ムダンって、意外と身近なところにいるんですね~!

それだけムダンは人々から頼りにされている存在ということなのでしょうね!

ムダンが登場するドラマには、「太陽を抱く月」や「優秀巫女(ムダン)カ・ドゥシム 〜ソンヨン高校ゴーストバスターズ〜」などがあります。

興味のある方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?

今回は、不思議で神秘的な韓国の九尾狐とムダンをご紹介しました!

どこか恐ろしいイメージもある九尾狐とムダンですが、これだけ多くのドラマに登場するということは、それだけ人々に親しまれている存在ということなのでしょうね。

それでは、また次回の「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動シリーズ」もどうぞお楽しみに~♪

韓国語講師/YouTuber

韓国語講師YouTuber 登録者10万人!|韓国語講座修了者800人以上|ハン検1級→一発合格・2次試験満点|TOPIK 6級|TOEIC 985点|史上初のTOPIK広報大使|横浜領事館パートナー|ハングルの覚えかた図鑑 著者|キム・ヒチョル팬|3児の母!

トリリンガルのトミの最近の記事