Yahoo!ニュース

LGが1位確定マジックを一気に4つ減らして6に ダブルヘッダーで2位KTに連勝<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
5年連続2ケタ勝利となる10勝目を挙げたケイシー・ケリー(写真:LGツインズ)

27日のKBOリーグは4カードがダブルヘッダー。計8試合が行われた。

試合前の時点でのゲーム差6.5で迎えた首位LGツインズと2位KTウィズの対戦は、LGがダブルヘッダー1、2試合ともに勝利。韓国シリーズ直行となる1位確定のマジックを一気に4つ減らして6となった。LGは80勝一番乗り(48敗2分け)、残り14試合。

LGは第1試合で先発のケイシー・ケリーが7回無失点と好投し、5シーズン連続の2ケタ勝利到達となった。

LGがこのまま公式戦1位となると1994年以来、29年ぶり(2リーグ制の1999、2000年を除く)。29年前のLGは韓国シリーズでテピョンヤンドルフィンズに4勝0敗で勝利し、シリーズ制覇している。

なおKBOリーグでは公式戦1位を優勝とはせず、韓国シリーズのチャンピオンチームのみを優勝としている。

◇9月27日(水)の結果

・LG 4 - 0 KT(チャムシル)

 ダブルヘッダー1試合目

 勝:ケリー

 敗:ハ ジュンホ

・SSG 7 - 7 トゥサン(インチョン)

 ダブルヘッダー1試合目

 勝:

 敗:

・ハンファ 3 - 11 サムスン(テジョン)

 ダブルヘッダー1試合目

 勝:イ ジェイク

 敗:チャン シファン

・NC 7 - 0 KIA(チャンウォン)

 ダブルヘッダー1試合目

 勝:ソン ミョンギ

 敗:サンチェス

・LG 3 - 0 KT(チャムシル)

 ダブルヘッダー2試合目

 勝:キム ユンシク

 敗:ペ ジェソン

・SSG 6 - 3 トゥサン(インチョン)

 ダブルヘッダー2試合目

 勝:エリアス

 敗:イ ヨンハ

・ハンファ 4 - 0 サムスン(テジョン)

 ダブルヘッダー2試合目

 勝:ペーニャ

 敗:ファン ドンジェ

・NC 1 - 6 KIA(チャンウォン)

 ダブルヘッダー2試合目

 勝:イ ウィリ

 敗:タナー

⇒ KBOリーグ公式戦日程と結果(ストライク・ゾーン)

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「8点差勝利もオ・スンファンが25セーブ目」

サムスンライオンズのオ・スンファンが、ハンファイーグルスとのダブルヘッダー1試合目で今季25セーブ目を挙げた。

オ・スンファンは5-3で2点リードの8回裏2死一塁、セーブがつく条件下で登板。3球で打者を処理して試合は9回に入った。9回表、サムスンは相手投手の乱れで打者一巡し6得点。8点のリードをもらったオ・スンファンは9回にもマウンドに上がり、0点に抑えて大量得点勝利でのセーブとなった。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、ロッテジャイアンツ)>

この日は試合がなかった。

⇒ 出た!安田権守(ロッテ)がプロ425打席目で初アーチ。さらに2号弾も

※本記事は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得て掲載。連日、KBOリーグの結果をお伝えしています。

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。09年から日刊スポーツで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄のスーパー お買い物ガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事