Yahoo!ニュース

恐竜軍団9連勝で貯金30 17勝目のルチンスキー、飛龍大好き5戦5勝<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
SK戦に先発しリーグトップの17勝目を挙げたルチンスキー(写真:NCダイノス)

29日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

チャンウォンNCパークのNCダイノスとSKワイバーンズの恐竜と飛龍の対戦は、首位NCが3-0で勝利し9連勝。貯金を30とし2位とのゲーム差を6.5に広げました。

NCの先発ドリュー・ルチンスキー投手は7回92球を投げて被安打5、無失点でリーグトップの17勝目(3敗)を挙げています。

この日のルチンスキー投手に対し、SK打線は早いカウントから積極的に振っていき、攻略を図りました。SKは序盤こそランナーを出すも、得点には至らず、中盤以降は球威が増していったルチンスキー投手に抑えられ、チャンスらしいチャンスを作れず無得点に終わっています。

ルチンスキー投手は今季SK戦5度目の先発で5勝0敗。防御率1.09と得意にしています。

◆「あすから秋夕連休」

旧暦の8月15日となる「秋夕」を挟んだ連休が、あす9月30日から始まります。土日を含めると今年は10月4日までの5連休です。連休中の試合は14時開始で行われます(3日はダブルヘッダーが2カード)。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

6回表、代打で出場し四球を選んだ1番キム・インテ選手の代走として出場。そのままライトに入り、8回表の打席ではセンターフライでした。試合はハンファイーグルスに勝利しています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇9月29日(火)の結果

・LG 5- 8 ロッテ(チャムシル)

 勝:サンプソン

 敗:ウィルソン

・キウム 6- 10 KIA(コチョク)

 勝:ホン サンサム

 敗:ブリガム

・ハンファ 3- 7 トゥサン(テジョン)

 勝:チェ ウォンジュン

 敗:キム ジンウク

・サムスン 1- 4 KT(テグ)

 勝:クエバス

 敗:シム チャンミン

・NC 3- 0 SK(チャンウォン)

 勝:ルチンスキー

 敗:キム テクヒョン

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。スポニチアネックスで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄のスーパー お買い物ガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事