Yahoo!ニュース

ロマック(元DeNA)30号到達 10月好調で決勝打を含む5打点の活躍<韓国KBOリーグ>

室井昌也韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表
ジェイミー・ロマック(写真:SKワイバーンズ)

15日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークのサムスンライオンズ-SKワイバーンズは10-3でSKが大勝。

SKの4番ジェイミー・ロマック選手(元DeNA)が5回表にレフトポールの上部に直撃する、特大の2ランホームランを放っています。

ロマック選手はこの一発が今季30本目。昨季は29本でシーズンを終えましたが、今季は135試合目で30本に到達しました。リーグトップは45本のメル・ロハス選手(KT)です。

ロマック選手は途中入団の2017年に31本、翌18年には43本塁打を記録しています。

この日のロマック選手は3回表2死一、三塁で左中間を破る2点タイムリー二塁打を放って先制。この一打が決勝打となりました。

さらに7回表にはセンターに犠牲フライを放ち、5打点を記録。ロマック選手の10月の成績は打率4割5厘、5本塁打、12打点と好調です。

◆「0.5差に4チーム。2~4位が入れ替わり」

2位KTウィズが敗れて、3位LGツインズ、4位トゥサンベアーズが勝ったため、2~4位がLG、トゥサン、KTの順に。

5位のキウムヒーローズも勝利したため、2~5位の4チームが0.5ゲームの中にひしめいています。各チームの残り試合は10試合弱です。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦の7回表、1番パク・コンウ選手に代わってライトの守備に入りました。8回裏1死で打順が回り、一、二塁間を破る今季10本目のヒットを放っています。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇10月15日(木)の結果

・トゥサン 16- 3 ハンファ(チャムシル)

 勝:ユ ヒグァン

 敗:チャン ミンジェ

・KT 0- 4 キウム(スウォン)

 勝:キム テフン

 敗:クエバス

・サムスン 3- 10 SK(テグ)

 勝:パク チョンフン

 敗:ウォン テイン

・ロッテ 2- 6 LG(プサン)

 勝:チョン チャンホン

 敗:ノ ギョンウン

・NC 11- 12 KIA(チャンウォン)

 勝:パク チュンピョ

 敗:ウォン ジョンヒョン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。

韓国プロ野球の伝え手/ストライク・ゾーン代表

2002年から韓国プロ野球の取材を行う「韓国プロ野球の伝え手」。編著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』(韓国野球委員会、韓国プロ野球選手協会承認)を04年から毎年発行し、取材成果や韓国球界とのつながりは日本の各球団や放送局でも反映されている。その活動範囲は番組出演、コーディネートと多岐に渡る。スポニチアネックスで連載、韓国では06年からスポーツ朝鮮で韓国語コラムを連載。ラジオ「室井昌也 ボクとあなたの好奇心」(FMコザ)出演中。新刊「沖縄のスーパー お買い物ガイドブック」。72年東京生まれ、日本大学芸術学部演劇学科中退。ストライク・ゾーン代表。KBOリーグ取材記者(スポーツ朝鮮所属)。

室井昌也の最近の記事