Yahoo!ニュース

銀河戦2年連続3回目の優勝なるか? 藤井聡太銀河、今期決勝トーナメント1回戦で斎藤明日斗五段と対戦

松本博文将棋ライター
(記事中の画像作成:筆者)

 第31期銀河戦は決勝トーナメント1回戦が進行中です。その最後の一局、藤井聡太銀河-斎藤明日斗五段戦は11月29日20時、無料プレミア公開されます。

 どんな時間設定の将棋でも強い藤井銀河。本棋戦では2020年に初優勝を果たしました。昨年22年には2度目の優勝を飾っています。

 藤井銀河は今期、本戦Hブロック最終戦で羽生善治九段と対戦しました。

 終盤、藤井玉は絶体絶命の大ピンチに追い込まれたように見えました。しかしきわどく逃げ切って、逆転。最後は藤井銀河が121手で大熱戦を制しています。

 斎藤明日斗五段はAブロックで7連勝。最多連勝者として決勝トーナメントに進みました。

 藤井銀河と斎藤五段は過去に2回対戦し、藤井銀河が2連勝中です。

 過去2回と同様、本局も相居飛車の戦いが予想されます。

 本局の勝者は2回戦で千田翔太七段と対戦します。

将棋ライター

フリーの将棋ライター、中継記者。1973年生まれ。東大将棋部出身で、在学中より将棋書籍の編集に従事。東大法学部卒業後、名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力。「青葉」の名で中継記者を務め、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会(LPSA)などのネット中継に携わる。著書に『ルポ 電王戦』(NHK出版新書)、『ドキュメント コンピュータ将棋』(角川新書)、『棋士とAIはどう戦ってきたか』(洋泉社新書)、『天才 藤井聡太』(文藝春秋)、『藤井聡太 天才はいかに生まれたか』(NHK出版新書)、『藤井聡太はAIに勝てるか?』(光文社新書)、『あなたに指さる将棋の言葉』(セブン&アイ出版)など。

松本博文の最近の記事