Yahoo!ニュース

人生に悩んでいる人へ。ブッダの名言「どんな経験にも、必ず…」英語&和訳(偉人の言葉)

鈴木隆矢翻訳家

こんにちは!ほんやく検定1級翻訳士の鈴木隆矢です。
今回はブッダ(釈迦)の名言をご紹介します。ブッダ(紀元前566年頃~紀元前486年頃)は古代インドの宗教家で、仏教の創始者として知られています。
今回は人生に悩んでいる人に届けたいブッダの名言をご紹介します。

人生に悩んでいる人へ。ブッダの名言「どんな経験にも、必ず…」英語&和訳(偉人の言葉)

“Every experience, no matter how bad it seems, holds within it a blessing of some kind. The goal is to find it.”

「どんな経験にも、たとえそれがどんなにつらいものであったとしても、そこには必ず何かしらの恩恵があります。それを見つけることがその目的なのです」
ブッダ(古代インドの宗教家)

経験は最大の財産。成功よりも失敗よりももっと大切なこと、それはそこから何を学んだか。

私は2015年にほんやく検定で1級を取ったのですが、その前にも2度ほんやく検定を受けているのですね。2度とも不合格だったのですが、最初に受けたときはひどくて、制限時間内に翻訳が終わらなかったのですよね。時間切れで零点になってしまったと。
当時はまだ仕事をしていなかったのですよね。もう20代後半だったのですが。父が土木の仕事をしていて、その仕事を手伝うことはあったのですが、ちゃんとした仕事には就いていなかった。それが余計につらかったのですよね。
早く一人前になりたい。英語の仕事がしたい。試験に落ちてまた先が見えなくなってしまった。

経験は最大の財産

死後の世界があるとして、その世界に何を持って行くことができるだろうかと。肉体を持って行くことはできませんよね。お金を持って行くこともできませんよね。
唯一死後の世界に持って行くことができる可能性があるもの、それは魂だけだと思うのですね。
どんなに素晴らしい賞をもらおうが、どれだけの人に自分の名が知られようが、死んでしまえばその名もその肉体も手放すのですよね。もし生まれ変わったとしてもその時にはまた別の名前、別の肉体を与えられる。
心を磨くこと。少しでも成長した姿で人生を全うすること。そこに人が生きる意味があるのではないかなと。
勝つこと負けること、成功すること失敗すること、それよりももっと大切なこと。それはそこから何を学ぶか。
成功して何を得ても、どんなに素晴らしい色のメダルを手に入れても、目に見えるものは全てこの世を去るとき手放すのだと。大切なのは目に見えないもの。心に刻まれたもの。経験なのだと。

人生に悩んでいる人へ。「人生」に関する世界の偉人の名言3選

いかがでしたでしょうか?今回はブッダの名言をご紹介しました。

私が運営しているブログ『ほんやく検定1級翻訳士の【英会話フレーズ集】』の『ブッダ(釈迦)の名言集【英語原文と和訳】』(外部リンク)という記事では、今回ご紹介したものを含めて、ブッダの名言を60句ご紹介しております。興味のある方はそちらもご覧ください。

また、私のブログ『ほんやく検定1級翻訳士の【英会話フレーズ集】』の『「人生・生きがい」に関する名言集【英語原文と和訳】』(外部リンク)という記事では、「人生」や「生きがい」に関する世界の偉人たちの名言を60句ご紹介しております。興味のある方はそちらもご覧ください。

では、最後に「人生」に関する世界の偉人の名言を3句ご紹介します。

“Never give up. Today is hard, tomorrow will be worse, but the day after tomorrow will be sunshine.”

「諦めてはいけない。今日は大変だ。明日はもっと大変だろう。だが、あさってにはきっと雨は上がる」
ジャック・マー(中国の起業家)

“To live is to suffer, to survive is to find some meaning in the suffering.”

「生きることとは苦しむことであり、生き抜くこととは苦しみの中に意味を見いだすことである」
フリードリヒ・ニーチェ(ドイツの哲学者)

“The sole meaning of life is to serve humanity.”

「この世界に生きるたった一つの意味、それは人類に貢献すること」
レフ・トルストイ(ロシアの作家)

お読みいただき、ありがとうございました!

翻訳家

JTFほんやく検定1級翻訳士。2014年より翻訳家。英語学習サイト『ほんやく検定1級翻訳士の【英会話フレーズ集】』を運営。中学1年から約10年間ひきこもりを経験、その後土木作業員を経て翻訳家に。静岡県出身。

鈴木隆矢の最近の記事