口下手をマジメに克服・直す方法 「基本的なコミュニケーション」について考える

ネットでの会話だと誰とでもフレンドリーに話せるのに……

口下手を克服・直すためには、本当の問題に気付くべき

コミュニケーション能力をアップさせるため、書籍を購入したり、セミナーに参加したりして勉強している人は大勢います。人間関係の改善に期待できるからでしょう。私は「営業コンサルタント」ですから、コミュニケーションの重要性はよく理解できます。お客様とのコミュニケーションのみならず、社内における上司や部下とのコミュニケーションの仕方によって営業成績が左右されるからです。それほど「コミュニケーション能力」は重要なものです。

しかし多くの人が勘違いしていることもまた気になるところです。私がコミュニケーション研修を実施すると、受講者の多くが、「口下手」なのを克服したい。話し方、トーク技術を変えたいと望んでいるからです。

特に「口下手」を直したいという人が意外に多い。その克服方法として、

「失敗してはいけない、と思えば思うほど緊張するものです。友だちや家族と話すように、リラックスして話せばいいのです」

「口下手だと思われてもいいじゃないですか。上手に話そうとせず、ありのままの自分を相手に見せましょう」

……などとアドバイスする人がいるせいもあるでしょう。このような助言を聞いて「そうか! そうですよね!」「もっと落ち着いて話せばいいんだ! ありがとう!」などと手放しで喜ぶ能天気な人などいません。そんな能天気な人であれば、そもそも「口下手」で悩まないものです。口下手で悩んでいる人たちは、本当に口下手を直したいのです。「そのままでいいんだ」と言われても、納得できないものです。

ただ、口下手の人が「話し方」や「トーク術」を知ることで口下手を克服できるわけではありません。問題の対象を間違えているため、その視点を変え(リフレーミング)ない限り、根本的な解決はしません。手順を変えれば「口下手」は克服できます。

重要な「非言語コミュニケーション」

コミュニケーション手段を大きく分けて、「面談」「電話」「メール」と3つに分けたとしましょう。「面談」のときは顔を見て話をするため、「非言語化」されたデータまでも私たちは入手します。それには相手の「目つき」「表情の変化」「息遣い」「態度」「手や体の動かし方」すべてが含まれます。意識していなくても、それら非言語データをすべて感知したうえで、私たちはレスポンスしようとしているのです。ですから誰かと面と向かって話をする際が、一番「口下手」である自分を意識することとなります。「電話」の場合も、多少なりとも「非言語データ」が耳に届きます。相手の「声色」だったり「ため息」だったり「会話と会話の間」であったりです。たとえ知らない相手でも、それらの「非言語データ」を感知して緊張したり、言いたいことも言えなかったりすることがあります。

しかし「メール」ではどうでしょうか? 知らない相手とネット上で「チャット」のやり取りをする場合はどうでしょう? 自分が「口下手」であることを忘れ、雄弁に語ったり、理路整然と自己主張することができたりします。なぜか? それは相手から「非言語データ」をほとんど受け取らないからです。

つまり「口下手」な人がフォーカスしなければならないのは、自分の話し方や、トーク技術ではなく、非言語化された情報に自分がどう反応しているか、ということなのです。

「話し方」「トーク技術」よりも大切なこと

ところで、コミュニケーションは大きく2種類に分かれることをご存知でしょうか? 「バーバル(言語的)コミュニケーション」と「ノンバーバル(非言語的)コミュニケーション」の2つです。テレビキャスターやイベントの司会業をしているのならともかく、職場や友人との人間関係、営業、恋愛などに役立てたいと考えるのであれば、言語化できるコミュニケーション能力よりも、非言語コミュニケーションのほうが圧倒的に重要です。

非言語コミュニケーションは「表情」「態度」「相槌」など、いろいろとありますが、私が強く意識して欲しいのが「行動」です。「行動」もひとつのコミュニケーション手段だということを忘れてはいけません。

口下手の人というのは、世の中すべての人に対して「口下手」というわけではないでしょう。ある特定の人に限られるはずです。苦手な上司だったり、恋心を抱く異性に対してだったり、初対面の人だったり。そこに、ある特定の法則があることを見抜くべきです。

すべてにおいて共通しているのは、おそらく「自信」です。自分に「自信」がないから、口下手になってしまうことが多いのです。この問題を解消させるために前述した「行動」を変えることを強くお勧めします。

誰かと面と向かって話すときに「口下手」になってしまうことを「点」でとらえてはいけません。その人と話すまでの過去・歴史を変えるのです。行動の積み重ねによる「成果」が、間違いなく自信をつけさせてくれます。

こうすれば「口下手」は本当に克服できる!

口下手を直すことよりも、自分がいまやらなければならないことをやる。先送りせずにキッチリやる。仕事の成果を出す。学業で期待通りの結果を上げる。……それらのことのほうが、口下手を克服するより実は簡単なのです。

ですから、成果を出している人は、それほどトーク技術があるわけでもないのに、口下手だとは言いません。話すネタが豊富にあるわけでもないのに、気にすることなく誰ともでも談笑できたりします。自分に自信があるからです。

自分のことを口下手だと考えている人は、そのままでは直りません。行動を積み重ねていくことで何らかの成果を手に入れましょう。「あの人は行動力がある」「何をやらせても速い」と周囲の人から思われることも大事です。そうすることで、ご自身の「表情」や「姿勢」に自信という名の非言語データが刻まれていきます。話している相手は、あなたのその非言語データを感知して、あなたに対して懐疑的な眼差しを向けたり、過小評価するような態度をとったりはしなくなるものです。こうして口下手は克服していくのです。

口下手は、技術を知らないからではなく、精神的な問題が深く絡んでいるからです。決して「成果も出してもいないのに口下手ではない人」を参考にしてはいけません。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

横山塾~「絶対達成」の思考と戦略レポ~サンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    部下が「無言の抵抗」にどう対応するか〜全てのリーダーが直面する「メンバーがついて来ない」悩み〜曽和利光5/15(土) 6:55
  2. 2
    バブル崩壊に備える3つの方法 マーケットに出ている不気味な兆候とは花輪陽子5/15(土) 8:00
  3. 3
    米パイプラインへサイバー攻撃を仕掛けたダークサイドは身代金を受け取った後に暗号資産を盗まれて活動停止久保田博幸5/15(土) 13:59
  4. 4
    「マネジャー適任者がいない」という会社の嘆き〜中年期の精神的成長に問題ある人が増えたのだろうか?〜曽和利光5/14(金) 6:55
  5. 5
    イーロン・マスクに翻弄されるビットコイン、米国の規制強化を担う人物とは久保田博幸5/15(土) 12:04
  6. 6
    木材価格急騰!ウッドショックから見える日本林業の脆弱さ田中淳夫5/11(火) 9:34
  7. 7
    日本人は頑張らなくなった。それはいいことでは?~栄養ドリンクの売上から考察する坂口孝則5/15(土) 19:08
  8. 8
    「善人」が会社を滅ぼし「悪人」が会社を伸ばすこともある〜本当に組織に貢献する人の見抜き方〜曽和利光5/9(日) 6:55
  9. 9
    バブル崩壊への足音、物価と長期金利の上昇に注意せよ久保田博幸5/13(木) 9:13
  10. 10
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓2020/7/25(土) 16:00