大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、堤信遠が北条時政の顔にナスを擦りつけるシーンがあった。ところで、この堤信遠なる人物は、いったい何者なのだろうか。

■堤信遠とは

 堤信遠は、生年不詳。その生涯や一族・父母についても詳しくわかっていない。北条時政と同じく、現在の伊豆の国市に本拠を構える豪族だったのだろう。

 治承3年(1179)に平兼隆が伊豆に流されたが、のちに伊豆国の目代になった(知行国主は平時忠)。信遠は、兼隆の後見として支えたという。その屋敷は、山木館の近くにあった。

 治承4年(1180)、以仁王と源頼政の挙兵が失敗した。頼政は伊豆国の知行国主だったので、その地位は平時忠に与えられ、目代には兼隆が就任した。

 改めて大河ドラマの場面を振り返ってみると、時政は子の義時とともに目代の兼隆のもとを訪れた。新任の兼隆に挨拶をするためである。兼隆の代わりに対応したのが信遠である。

 ちょうど飢饉のときだったので、時政は手土産として野菜を持参した。しかし、信遠は野菜を足で踏みつけ、ナスを時政の顔に擦りつけたのだ。

 信遠が怒ったのは、時政が以仁王と源頼政の挙兵に関与したのではないかと疑ったからだ。時政は野菜をかき集め、無念にも退去せざるを得なかったのだ。

 ナスの一件は別として、兼隆・信遠と時政の対立が直後の山木館襲撃の伏線になったのは事実だ。時政は娘の政子の夫・源頼朝を守っていたがゆえ、平氏に与する兼隆や信遠と対立したのである。

 伊豆国は時忠と同じ平氏の兼隆の支配下にあった。それゆえ、時政や頼朝の行動に最大限に注意を払うのは当然だったに違いない。以仁王と頼政の挙兵には、大きなインパクトがあったのだ。

■むすび

 とはいえ、堤信遠については知るところが少ない。今後、このような東国武士が登場する可能性は大いにあるので、注目したいところである。なお、信遠が時政の顔にナスを擦りつけたのは、単なる演出だろう。