高松市子供車内置き去り死事件と逮捕の母に関するご意見ご質問に答えて:より良い議論のために

写真はイメージ:問題解決のためにみんなで話し合いを(写真:アフロ)

■高松子供車内置き去り死事件、逮捕の母は

高松市内の路上で、車内に放置された二人の女児が熱中症で亡くなりました。

第一報では、「死因は熱中症とみられ、母親は車を止めてその場を離れていた」と報道されましたので、ツイッター上で、次のような発言をしました。

このツイートに関して多くの反応をいただきました。そこで、このページでは子供の車内死に関して、また逮捕の母親に関して、みなさまからいただいているご意見、ご質問に答えていきたいと思います。

なお、ヤフーニュース個人では、次の2つのページをアップしています。

第一報を受けて

熱中症か、高松市の女児二人死亡、車内で意識失い救急搬送:子供の車内事故の心理学

続報の母親逮捕を受けて

車内放置死を防げ:高松市遺棄致死事件の悲しみと怒りから

■ご意見ご質問に答えて

Q. うっかり子供を置き忘れることって、あるんですか?!

A. 今回の事件はともかく、そういうことはあります。

子ども車内置き忘れは私にも!?:赤ちゃん忘れ症候群:記憶とヒューマンエラーの心理学

Q. わからない時点でヒューマンエラー説を唱えないでほしい

A. 第一報ではわかりませんから、今回の事件がヒューマンエラーに基づくかどうかは述べていません。一般論として、「(失敗を起こした)その個人を責めるだけではヒューマンエラーは防げない」と述べました。

現在は、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されましたが、これもまだ裁判が始まってもいませんから、今も「わからない時点」です。

報道されているその時点時点で、語れることを語るのが、私の社会的責任だと思います。事件報道の場合は、そのニュースをきっかけに、一般的な話をしています。

Q. ヒューマンエラーちゃうやん。

A. はい。第一報では置き忘れの可能性も考えましたが、置き忘れではなく意図的置き去りと警察も判断して、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕ですね。

Q. ヒューマンエラー(ちょっとしたミス)と人命に関わるエラーをなんで同列で考えてるのか理解が出来ん。

A. ヒューマンエラーは、ちょっとしたミスという意味ではありません(言葉の響きからそんな感じがするでしょうか)。ヒューマンエラーによって旅客機が落ちることもあります。災害被害が増えることもあります。そのエラー自体がささいなミスだとしても、結果が重大であれば、大きな責任が問われ、「人災」と呼ばれることもあるでしょう。

Q. そんなもんがヒューマンエラーの一言で片付けられてたまるか!!

A. 続報によると、今回は、意図しない置き忘れ(ヒューマンエラー)ではなく、意図的置き去り(保護責任者遺棄)と警察は判断しました。また、ヒューマンエラーは、「一言で片づける」というものではありません。ヒューマンエラーの考えは、個人の罪を軽くするためのものではなく、次の事故を防ぐためのものであり、そのために、ミスが起きた理由と今後の対策を考えるためのものです。

Q. 虐待もヒューマンエラー?放置して餓死させるのもヒューマンエラー?罰則を与えるだけでは解決にならない??誰もが犯すミスなの???

A. >虐待もヒューマンエラー?

 違います。

 >放置して餓死させるのもヒューマンエラー?

 違います。

 >誰もが犯すミスなの?

 虐待はミスではありません。

 >罰則を与えるだけでは解決にならない?

 はい。虐待もヒューマンエラーも、そうだと思います。

 (違法行為には制裁は必要です)

Q. 機長のミスで飛行機落ちた件数ってすげー少ないし/ネグレクトや虐待で子供が亡くなるのと比べること自体間違ってる

A. 最初の記事の中で機長のミスと比べているのは、子供の置き忘れ事故であり、虐待と比べてはいません。

Q. それでも親を責めるなと?

A. 今回は逮捕されましたから、法的に責任が問われようとしています。起訴され、裁判で有罪になれば、世間から責められ、社会的制裁を受けることにもなるでしょう。世間の怒りは当然です。ただ、私刑はだめですし、必要以上の社会的制裁もいらないとは思います。

 そして、親を責めるだけでは、ヒューマンエラーも虐待も防ぐことはできないでしょう。また、SNS上では誹謗中傷は禁止ですから、意見を公にするときには、表現には気を付けたいと思います。

 ヤフーコメントでも、相手が政治家でも犯人であっても、誹謗中傷は禁止です(Yahoo!ニュースのコメントポリシー

Q. 法に罰や死刑があるのは抑止力の為だと思ってましたが……違うんですか?

A. 意図的な違法行為であれ、赤信号の見落としや居眠り運転のような意図しない失敗であれ、法に基づいて制裁を受けるのは当然です。

 ただ、研究によれば、罰によって減らせる行為と減らせない行為があるとされています。

 ヒューマンエラーは、罰を重くしてもなかなか減らせないと言われています。

Q. 何というか…飲酒運転によるひき逃げ事故さえも、同じ理論で擁護しそうな方ですね…

A. ヒューマンエラーだと語ることと、当事者を擁護するのは、まったく意味が違います。悪質な飲酒ひき逃げ事件にヒューマンエラー(「本人が意図しない結果を生じる人間の行為」の部分があったとしても、まったく擁護する気はありません。

飲酒運転の心理学:なぜ繰り返される、どう防止する(小樽ひき逃げ事件から)

Q. 事故じゃなくて事件ですよ。

A. はい。逮捕されましたから、事件ですね。

 悲しい事件です。怒りを感じる事件です。

 防ぎたかった事件です。

Q. やはり子供達が鬱陶しくなってしまったのかって事になるんでしょうかね...

A. 子供を鬱陶しく思い、つい叩いてしまうような親は普通にいますが、大抵はそこで止まります。

 一部の親だけが、虐待する親になります。

 評判の悪い生活の乱れた親が、虐待することもあります。

 評判も良く、優しい良い親が、虐待する親になってしまうこともあります。

 理由は様々です。

Q. 虐待にしても、子供を忘れるにしても、考えられません

A. 児童虐待は、本当に悲しい。自宅や自動車に子供を放置すなんて、考えられない。そう思います。

 子供を、うっかり車に中に置き忘れるのも、考えられないことです。

 でも、考えられないことが、起きてしまいます。

 以前は子供をかわいがっていた親が、虐待する親になってしまうこともあります。

Q. 何故子どもたちへの冥福の言葉がないのが理解できません

A. 心よりご冥福をお祈りし、哀悼の意を表します。

 普段、子供のための仕事をし、被害児にも会いますから、この子たちがどれほど苦しかったか、こんなことがなければどんなにしあわせな人生が待っていたかと思うと、辛くてなりません。

 (個々の記事やコメントに書くかどうかはその時によります。新聞記事も、テレビのコメントも同じですね)

Q. たぶん平行線だと思います

A. 子供を守りたい思いは一緒でも、ご意見は様々です。

私としては、子供を守るための効果的な方法を探っていきたいと思っているのですが、そのためには、多くの人々からの賛同を得ることが大切です。

Q. 車内の置き去りは間違ったですまされないし、子供が死んでしまえば殺人です。

A. はい。すまされませんね。母親は逮捕されました。殺人罪ではありませんが。

Q. 許す、許さない、という二択ではないんですよね‥/反発される人は、「こういう人を責めないと、許すことになってしまう!擁護派になったら大変!」って憤っちゃうんだと思います。/あるいは、「自分は絶対大丈夫」と思い込みたいがために、責める側に立とうとするのかなぁ‥

A. そうですね。刑事責任を問うのは当然なのですが、個人的に責めたち立てたり誹謗中傷するのはまた違うかと思います。

Q. ミスならしょうがない?/意思を持って自らの脚で梯子酒したのだから、うっかりさんではない。/殺人です。

A. ミスだから(ヒューマンエラーだから)しょうがないなんてことはありません。責任もあるし、罰をを受けることもあります。意図的な置き去りなら、ミスではないので、なおさらです。殺人罪で逮捕はされていませんが。

Q. (母親の問題行動の続報を受け)これはさすがに親の自覚の範囲内ですよね。擁護してた人も裏切られたよね。

A. 私は、最初から擁護していたつもりはないのですが、ただ第一報に対して、すぐに「馬鹿な親」「愛なない」「注意力不足」という投稿があふれていいましたので、「そうかもしれないが、そうでないかもしれない。」と述べ、一般的なヒューマンエラーの話をしました。

Q. 結果が全て。/人の命をミスで片付ける訳にはいかない。/子供の命は自分を犠牲にしてでも守るものだと思う。/議論以前の問題。

もちろんミスで片づけらえませんし、今回はミスではなく意図的置き去りと警察は見ているようです。ただ、子供を一生懸命に愛していたはずの人も、虐待したり、ミスによって子供の命を脅かすことはあるように思います。

Q. エラーってなに?/殺人だろ?/エラーで死んだ子供は一生報われないわ。

A. 車内の置き忘れ事故をはじめ、自宅前で我が子をひき殺してしまったり、入浴中に赤ん坊が溺れてしまうなど、様々な事故で子供が亡くなってしまいます。本当に悲しいことであり、親自身が最も悲しんでいると思います。何とか、事故を防がなくてはなりません。

「ヒューマンエラー」という考え方は、事故を防ぐための効果的な方法を見つけていこうとする考え方です。

~~~~

Q. すぐこうやって反対に捉える知性のないバカがいるが、放置→死亡の因果関係が明らかな以上、馬鹿な親とか愛や注意力がない、以外考えられないだろ。社会の害になるから発言を控えろバカが。

A. 不幸な事件事故を防ぐためには、様々な意見を出し合うことが必要だと思っています。もちろん、誹謗中傷発言はだめですが。

Q. 最初の情報の時点での話なのに、そのことすら忘れて、新しく情報が出てきたのを見て的外れな反論をしている人たちがいる時点で「想像力や冷静さが欠如することがあったり、ヒューマンエラーはある」ということを肯定している良い例な気がする。

A. 母親逮捕の続報前の第一報に関するコメントだと気が付かないままのリプライは多かったように思います。それがわかった上での批判的リプライもありましたが。

Q. オーサーとして事実確認していない時点で失格なんですよね~。

A. 独自取材はできませんから、そういう意味の事実確認はいつもできません。その時点の信頼のおける報道による事実確認ですね。ただし、第一報はたいてい不十分だということはいつも頭にいれてあります。さらに、ずっとあとになって報道される内容もありますね。

Q. どちらかはわからない、まだ決めつけてはいけない、と当然のことを主張しただけで「悪人を擁護してる!」と叩きたがる人が多いみたいですね。正義感と錯覚して自覚の無い八つ当たりをしてるみたいに見える…( ´_ゝ`)

A. 関係者や容疑者を強く責めなかったり、犯人の心理や事件事故のメカニズムを話そうとすると、「犯人擁護!」「被害者の気持ちになってみろ!」といったご批判を良くうけます。

Q. 事故をなくすためには、理論的ななぜ?が必要と知って欲しいですね/なぜ置き去りに?→〇分くらいなら大丈夫と思った→なぜ大丈夫と思った?→〇分で暑くなると思わなかった→解決策:車に温度センサーをつけるのはどうか?等/最初のなぜ?で「親に愛がないから」にしてしまうと一生解決できない

A. 様々な考察ができますが、事件も事故も、同様の悲しい出来事を防ぐてめに、「なぜ」を考え続けたいと思います。できれば、みなさんと共に。

~~~~~~~

■より良い議論のために

みなさんの意見交換は、とても意味があるものだと思います。この事故への悲しみ、親への怒り、処罰感情も当然です。

いずれにせよ、投稿者の皆さん、私たちみんなは、子供の命を守りたい点では一致できるはずだと信じています。

その土台に立って、個人攻撃ではなく、意見の交換をしたいと思います。

ある報道を見て、あるツイートを見て、激しく心がゆすぶられることがあります。そこから、より良い社会のための言動が生まれると良いと思います。問題解決へ向けた意見交換ができたら良いと思います。「日本人は議論が下手」と、もう言われないように。

「発見と言論が社会の課題を解決する」  by Yahoo!JAPAN

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」「チコちゃんに叱られる!」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』等。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。