はじめに

Yahoo!ニュースのコメント欄は、ニュースや世の中のできごとに関連する多様な意見や考え、感想があつまる場所です。

コメント欄で他の人の意見や考えに触れることが、自分の考えを改めて整理したり、ニュースをより深く、多角的に理解したりするきっかけになると考えており、また、それをインターネットだからこそできる方法で促進したいと考えています。

わたしたちは、より多くのみなさんに安心してご利用いただけるよう、コメント欄における不正行為や不適切な投稿対策に真摯に取り組んでいます。

以下のコメントポリシーには、コメント欄のご利用ルールや、認められない投稿内容が記載されており、コメント欄が安心・安全な場所であるよう常に改定を加えています。

こうした考えをご理解のうえ、みなさんにはこのコメントポリシーに同意し、順守することをお約束いただいた上でご利用いただくようお願いいたします。

誰でも安心してご参加いただくために

わたしたちは、コメント欄がみなさんに安心してご利用いただける環境であることがなによりも重要だと考えています。そのためにはご参加いただくみなさん一人ひとりのご協力が必要です。

あなたの意見が誰かの「気づき」や「共感」の種となるよう、ご利用いただくみなさんに対して思いやりをもって、コメント欄を使っていただくようお願いいたします。

掲載・投稿の制限について

コメント欄は、ニュースに関連する意見や考え、感想を投稿していただくことを目的としているため、匿名で誰でも自由に書き込みができますが、「表現の自由」は無制限ではありません。たとえば法令に違反するものや、誰かを著しく傷つけたり、攻撃したりするようなコメント、報じられているニュースとの関連性が薄いコメントなどは掲載が制限されます。また、短時間での連続投稿やいたずら投稿を行った場合などは、投稿機能が制限されます。

ただし、Yahoo!ニュースが特定の思想に対して個々に善悪の判断を行い、投稿を制限することはありません。

違反コメントが何度も投稿され、複数回にわたって削除措置されたアカウントについては、それ以降の投稿ができなくなるよう「投稿停止処置」を行うことがあります。

※選挙期間中のコメント投稿について
当選をさせない目的で候補者に関する虚偽の事実を投稿する等、コメントの投稿により法令に違反する場合があります。詳しくはインターネット選挙運動のページ(総務省)をご覧ください。

コメントのパトロール、違反報告について

コメント欄は機械学習による不適切なコメントの解析・検知を実施するほか、専門部隊が24時間365日パトロールを行い、利用規約やコメントポリシー違反にあたる投稿の非表示や削除対応を行います。もしもコメントポリシー違反の可能性があるコメントを見つけたら、Yahoo!ニュースまでお知らせください。お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。

なお、コメント欄では一人ひとりの多様な意見を受け入れることが重要だと考えていますので、誰かが不適切に感じた場合でも、利用規約やコメントポリシー違反に当たらないと判断した場合には、削除などの対応を行わないこともあります。

非表示設定について

もしもあなたが特定のユーザーのコメントを閲覧したくない場合には、ユーザー単位で非表示に設定することが可能です。

また、記事を読む際、コメント自体を表示させたくない場合には、コメント欄を非表示に設定することも可能です(アプリ利用時は除きます)。なお、非表示設定の内容は、設定した本人だけが確認できます。

禁止されているコメントや行為

個人情報

  • 個人の特定が可能な情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を含むコメント

法令違反

  • 犯罪または犯罪の助長にあたるコメント(犯罪・自殺予告、犯罪・自殺助長、恐喝、詐欺、フィッシングなど)
  • 著作権違反などの知的財産やその他の権利を侵害するコメント
  • プライバシーの侵害にあたるコメント

公序良俗に反する内容

  • わいせつな内容や不快、下品な内容を含むコメント
  • 暴力的な内容を含むコメント
  • 特定の個人(公人を含みます)に対する人権侵害、誹謗・中傷に該当しうるコメント
  • 特定の地域や家柄、障がい者、性別、職業、LGBTなどへの差別的な内容を含むコメント
  • 特定の民族や国に対する差別やヘイトスピーチにあたるコメント

悪質な批判

  • 被害者・被害者の親族、加害者・加害者の親族および関係者などに対する人権侵害、誹謗・中傷に該当しうるコメント
  • 根拠のない批判や全否定的なコメント

いたずら、スパム投稿

  • 意図が伝わり難い伏せ字や隠語を含むコメント
  • 複数のアカウントを取得し、多くの意見として印象を扇動する行為
  • 同じ文章を短期間に繰り返し投稿する行為
  • 特定のユーザーに対して執拗につきまとったり、あおりや誹謗・中傷を繰り返したりする行為

関連性

  • 報じられているニュースとの関連性がない、または薄いコメント

商用・宣伝目的

  • 特定のサイトへの誘導など、広告を目的としたコメント
  • 宣伝行為や布教活動、抗議活動の扇動、またはそれに準じる行為

そのほかYahoo! JAPANが不適切とみなすコメント

(2019年3月12日改定)

※ 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。ご注意ください。