7月26日、ニューヨーク・ヤンキースは、野手2人と交換に、ピッツバーグ・パイレーツからリリーフ投手のクレイ・ホームズを獲得した。

 ホームズは、メジャーリーグ4年目の28歳だ。今シーズンは、44登板で計42.0イニングを投げ、奪三振率9.43と与四球率5.36、防御率4.93を記録している。

 このスタッツからすると、ヤンキースにとってプラスになるようには見えない。ナ・リーグでリリーフとして30イニング以上の73人中、ホームズの奪三振率は39位に過ぎない。与四球率はワースト10位、防御率はワースト12位だ。前の投手から引き継いだ走者も、23人のうち10人にホームインされている。

 今シーズンの成績は冴えないが、過去3シーズンは素晴らしかった……というわけでもない。2018~19年は、4先発を含む46登板の計76.1イニングで、奪三振率9.08と与四球率6.96、防御率6.01だ。昨シーズンは、1試合しか投げていない。

 ただ、ホームズは、ゴロを打たせる。ファングラフスによると、今シーズンのゴロ率は72.8%。これは、先発かリリーフを問わず、30イニング以上を投げた両リーグの352人中、最も高い数値だ。一方、14.0%のフライ率は2番目に低い。13.2%のラインドライブ率も、下から12番目だ。それまでも多かったゴロが、今シーズンはさらに増えている。投球の過半数を占めるシンカーは、90マイル台後半と速く、落差が大きい。制球さえ落ち着けば、ブレイクしてもおかしくない気がする。

 ヤンキースがホームズを獲得した理由は、ここにありそうだ。ヤンキースのブルペンは、リーグ2位のゴロ率46.5%を記録している(1位はロサンゼルス・エンジェルスの47.4%)。監督やコーチ、あるいはフロントが、グラウンドボーラーを好み、揃えていることが窺える。

 また、ロング・リリーバーというほどではないものの、ホームズは1イニングを超えて投げることもできる。今シーズンの44登板中7登板は、1.1~2.0イニングだ。

 さらに、今シーズンの年俸は65万ドルと安い。マイナーリーグ・オプションはすでに切れているので、降格させるにはウェーバーを経由する必要があるが、2024年のシーズンが終わるまではFAにならない。