MLBの開幕ロースターに入った「日本プロ野球の経験者」。4人は5年前に北海道日本ハムでチームメイト

クリス・マーティン(アトランタ・ブレーブス)(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 メジャーリーグで各チームの開幕ロースター(アクティブ・ロースター)に入った選手のうち、日本プロ野球(NPB)の経験者は、数えたところ、13人いる(新型コロナウイルスにより、まだ開幕を迎えていないチームのロースターは一部未定)。マイルズ・マイコラス(セントルイス・カーディナルス)や秋山翔吾(シンシナティ・レッズ)ら、故障者リストに入っている選手も含めると、合計18人となる。この5人も、故障さえなければ、開幕ロースターに名を連ねていたはずだ。

 グリエル兄弟のうち、兄のユリ・グリエル(ヒューストン・アストロズ)は2014年に横浜DeNAベイスターズでプレーしたが、弟のルルデス・グリエルJr.(トロント・ブルージェイズ)は来日しなかったので、ここでは数えていない。

筆者作成
筆者作成

 18人中、北海道日本ハムファイターズでプレーした選手は5人いて、NPBのどの球団よりも多い。しかも、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)を除く4人、アンソニー・バス(マイアミ・マーリンズ)、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、クリス・マーティン(アトランタ・ブレーブス)、有原航平(テキサス・レンジャーズ)は、2016年に北海道日本ハムでチームメイトだった。なお、バスの当時の登録名は「バース」。同様に、広島東洋カープ時代のライアン・ブレイジャー(ボストン・レッドソックス)は「ブレイシア」だ。

 2016年7月10日の試合では、先発マウンドに上がった大谷に続き、バスが4番手、マーティンは6番手として投げた。レギュラーシーズンに4人が揃って出場した試合は見当たらず、4人中3人もこの試合しかないが、クライマックス・シリーズと日本シリーズで1試合ずつ、マーティンを除く3人が揃って出場している。どちらの試合も、大谷と有原がそれぞれDHと投手として先発出場し、バスは4番手として最後に投げた。ちなみに、この年の北海道日本ハムには、その前にメジャーリーグでプレーした、ルイス・メンドーサブランドン・レアード(現・千葉ロッテマリーンズ)、田中賢介もいた。

 北海道日本ハムに次いで多いのは、埼玉西武ライオンズでプレーした選手だ。ウェイド・ルブラン(ボルティモア・オリオールズ)、菊池雄星(シアトル・マリナーズ)、秋山の3人。彼らは2015年にチームメイトだったが、3人揃って出場した試合はなかった。この年の埼玉西武には、2009~12年にメジャーリーグで投げたエスメルリング・バスケスと、2018年にパドレスで27登板の牧田和久(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)もいた。

 ロースターと故障者リストに計18人というのは、開幕時の人数だ。シーズン中にメジャーリーグへ昇格する、NPBの経験者も出てくるだろう。昨シーズン、NPBでプレーした選手については、こちらで書いた(情報は記事を掲載した時点)。

NPBを去り、MLB復帰orデビューをめざす選手たち。有原とパットンはレンジャーズへ。パーラは古巣へ

前・阪神のボーアと契約したジャイアンツの「一塁手事情」