マリナーズの本拠地が「セーフコ・フィールド」から「T-モバイル・フィールド」に!?

セーフコ・フィールド/左から9人目にイチローの姿も Mar 29, 2018(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 シアトル・マリナーズの本拠地は変わらない。だが、来シーズンからは「セーフコ・フィールド」の名称ではなくなる。まだ確定はしていないが、新名称は「T-モバイル・フィールド」「T-モバイル・パーク」「T-モバイル・スタジアム」「T-モバイル・ボールパーク」などが有力だと思われる。

 セーフコ・フィールドは、1999年7月にオープンした。だが、昨年6月、セーフコ・インシュアランスは、2018年のシーズンを最後に切れるネーミング・ライツ(命名権)の更新をしないことを発表。今年11月に球場からセーフコの文字を外す作業が始まったのに続き、フォーブスのモーリー・ブラウンが、球場のネーミング・ライツをT-モバイルが得たと報じた。

 新たなネーミング・ライツは、年300万ドル程度らしい。2017年にオープンしたアトランタ・ブレーブスの本拠地、「サントラスト・パーク」のネーミング・ライツは、年1000万ドル以上だ。

 T-モバイルの本社はドイツのボンだが、T-モバイルUSはシアトル郊外のベルビューに本社を構える。ちなみに、シアトルにはアマゾンやスターバックス、郊外にはマイクロソフトやコストコの本社もある。