ロッテ・福浦和也「問題だらけの引退試合」

彼の功績を讃えるのは盛大なセレモニーだけで十分ではないか。(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

ロッテの福浦和也の引退試合に多くのファンは感動したが、CS争いの最中にマーケティング主導の編成・起用が行われたことは大きな問題だ。「引退試合」がはびこる今のNPBの問題点を象徴している。

ある出来事を評価するにも、見る角度を変えると全く異なる結論になるということだ。

9月23日に行われたロッテの福浦和也の引退試合に関してだ。ウェブにはこういう記事も出ていた。

なぜ千葉ロッテ・福浦和也の引退試合で「野球の神が舞い降りた」美技が生まれ勝利できたのか?

これを「神が舞い降りた」感動ドラマと捉えるなら、彼を熱心に応援してきたファンとの絆、ドラフト最下位から一流まで登り詰めた彼のキャリア、それらに敬意を払う球団や地域コミュニティーのバックアップなど、賛美の対象はいくらでもある。

しかし、一方でこの日の引退試合には今のNPBが抱えるかなり深刻な問題が凝縮されている。ある意味では「問題だらけの引退試合」とも言えるだろう。

まず断っておきたいが、ぼくは選手としての福浦和也やフランチャイズプレーヤーを応援するファンの姿勢を心からリスペクトしている。問題視したいのは、あくまで表面化している事象についてだ。

彼はなんのためにこの1年現役生活を継続したのだろうか。再び一軍で華々しい活躍を見せるため、もう一花咲かせるためだったと思いたい。選手生活の終わり方に対する考え方はそれぞれだ。余力あるうちに花道を飾るも良し、客観的にはもう難しいと思われながらも本人が納得するまでとことん現役にこだわるのも立派だと思う。

福浦の場合は後者だったと思いたいが、客観的な事実だけで捉えるとそれは難しい。2000本安打への固執も、謎だらけの最終年も、全て球団主導のマーケティングツールとして利用された結果だという見方を排除するのは難しい。本人がそれに対しカンファタブルであったかどうかは分からない。いや、利用されていると知りながらも、自分自身では「まだやれる」「この機会を活かしたい」と思っていたのかもしれない。そうあって欲しいと思う。

はっきり言って、昨年までのロッテ球団の「福浦2000本安打キャンペーン」はやり過ぎだったと思う。記録は選手にとって目標であり、結果的にそれは球団に営業的メリットをもたらすものだとは思うが、数年前からの福浦和也の選手としての実績とその間の球団のマーケティングコンテンツとしての記録達成の利用を見るにつけ、主客転倒の感は拭えない。

もっと不可解だったのは、今年一年現役を継続したことだ。その間、彼は一軍登録は引退試合前まで皆無で、二軍での出場実績も極めて限られている。率直に言えば、引退試合という興行を打つためだけに、球団は彼を1年間塩漬けにしておいたのだ。ひとりの選手が、球団の営業方針に抗うことはとても難しいことだとは思うが、結果的に彼自身もそれを受け入れていることには違いない。

この引退試合を福浦和也と球団、ロッテファンという限定した範囲で評価すると、冒頭紹介した記事のように感動、感謝、敬意ばかりのストーリーになってしまう。

しかし、もう少し視野を広げてプロ野球全体にとって長期的に何が正義なのか、というふうに考えると大きな問題をはらんでいると思う。

クライマックスシリーズに手が届く位置にいる球団が、事実上戦力外の選手にフル出場の機会を与えることは、真剣勝負としての公式戦の尊厳を損なう行為であり、あってはならないことだと思う。

あるコアな野球ファンの友人からは「いいじゃないですか、たかが野球です」と言われた。しかし、これは違うと思う。「たかが野球」という視点も重要なのは、ひいきの球団や選手の勝敗や成績に関してだ。現在のプロ野球の隆盛は、筋書き付きのショービジネスではなく、真剣勝負としても位置付けが高く長く評価されてきたからに他ならない。

これは、今回初めて発生した問題ではない。今季に限っても、広島の永川勝浩のケースもあるし、3月のイチローの日本での引退試合もそうだった。

多くのファンはイチローのことしか視野に入っていないので、「がんばれイチロー」「ありがとうイチロー」だけだったと思うが、多くの選手が鎬をけずって目指すメジャー登録枠と出場機会が本来戦力外の彼に与えられたことは、悪しき前例になったとぼくは思っている。

繰り返すが、福浦和也は偉大な選手だった。永川勝浩もそうだし、イチローに関しては言うまでもない。そのような彼らに別れを告げる機会が設定されるのは良いことだが、それは盛大なセレモニーであれば良い。公式戦はあくまで真剣勝負の体を維持すべきだ。

また、このような事実以上に問題なのは、このような実戦での引退セレモニーに疑問の声をあげるメディアがほぼ皆無であることだ。そこから推し量れるのは、取材評論対象であるプロ野球団&選手とメディアの間に健全な距離感がないのではという懸念だ。