女性活躍推進法

2016年4月から「女性活躍推進法」が施行され、女性の働きが期待されていることは、多くの人がご存知のことと思います。

では、具体的にはどういった法律なのでしょうか。厚生労働省のサイト内閣府男女共同参画局のサイトで説明されていますが、あまり分かり易いとは言えません。

他のサイトでは、以下のように丁寧に説明されています。

このように、まだまだ女性が活躍しているとは言えない状況だ。そのため、もっと活躍してもらうため、企業に女性活躍推進の取り組みを実施してもらおうと成立させたのが、この女性活躍推進法だ。

しかし、なぜ今さらこうした法律ができたのだろうか? その背景にあるのは、ずばり労働力不足だ。少子化による急速な人口減少により、将来の労働力不足が懸念されており、女性に、もっと多く、もっと長く、もっと高い能力を発揮して「働いてほしい」というわけなのだ。

出典:3分で分かる「女性活躍推進法」あなたの会社はどう変わる?

日本は少子化が進んでいて人口が減少しており、労働力が不足することは自明です。そのため、政府は、質でも量でも、今よりもっと女性に働いてもらいたいと考えており、それを促すためにこの法律が施行されることになったということです。

ホテルは女性の働き手が多い

このような状況にあって、ホテルはもともと女性の従業員も多く、女性が働き易い環境となっています。実際に出産・育児から復帰し、引き続き活躍している女性従業員の方を私も何人も知っています。

そして近年、ホテルはターゲットにしている女性客の商品やサービスを考えるにあたり、女性だけのプロジェクトを発足したりしているのです。

女性が特に活躍しているホテルについて紹介していきましょう。

ザ・プリンス パークタワー東京

ザ・プリンス パークタワー東京は2012年という早い時期に女性だけが20人集まった「TOKYO HONEY PROJECT」を発足し、以来50を超える商品を開発してきました。「TOKYO HONEY PROJECT」の由来は、蜜にハチが集まるように、女性客が集まる商品を開発したいということです。

また、発足当初からミツバチをイメージしたキャラクターを作成し、2013年に社内公募でその名称を募集し、「ハニー」を動詞化した「ハニール」が命名されました。

マーケティング戦略 リーダー鈴木愛氏は「様々な女性による視点が必要なので、マーケティングだけでなく、企画、フロント、コンシェルジュ、レストランスタッフ、営業、ウェディングプランナー、洋食や中華の調理スタッフ、パティシエール、女性ドアマン、人事部と、幅広い職種から参加している」と説明します。

途中でメンバーの入れ替わりはありながらも、常に20名近くが参加しており、現在は18名がメンバーになっているということです。

ザ・プリンス パークタワー東京の成功にならって、東京プリンスホテル、ザ・プリンス箱根、新横浜プリンスホテル、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町でも、女性プロジェクトが発足していることを鑑みると、「TOKYO HONEY PROJECT」が及ぼした影響力は大きいと言えるでしょう。

「TOKYO HONEY PROJECT」が考案した商品

ベリーベリーブリオッシュフレンチトースト(ザ・プリンス パークタワー東京)
ベリーベリーブリオッシュフレンチトースト(ザ・プリンス パークタワー東京)

では、「TOKYO HONEY PROJECT」はどのようなものを考案したのでしょうか。主なものは以下の通りです。

  • 【ワコール×ザ・プリンス パークタワー東京】 美ウォーキングレッスン

2012年11月

「ワコール」とのタイアップイベント。プリンス芝公園での正しい ウォーキングのレッスンや、ヘルシーランチ

  • 資生堂『アユーラ』タイアップ 体験型宿泊プラン「ホリスティック・ステイ」

2013年7月20日より1泊、8月30日より1泊

美容部員による美顔セミナー等体験イベントを含む宿泊プラン

  • ハニールスイーツ販売

2013年 8月1日~11日

ロビーラウンジ、ピカケにて販売

  • ローソン×TOKYO HONEY PROJECTコラボレーションベーカリー開催

2013年12月

コンビニのローソンとコラボレーションしたオリジナルベーカリーを発売!「はちみつ」をふんだんに使用し、見た目や味などにもこだわった女性が食べたい!と思うパンを開発しました。

  • ベリーベリーブリオッシュフレンチトースト

2014年4月1日~9月30日

ブリーズヴェール/ステラガーデンにて販売

  • 抹茶のテリーヌ

2014年 6/12~

外国のお客さまを意識した手土産考案

  • ウエディングケーキ

2014年10月発表

パークタワーオリジナルのウエディングケーキを4種類発売

  • オリジナルクラフトビール

2015年5月1日~3月31日

御殿場高原ビール×TOKYO HONEY PROJECT オリジナルクラフトビール販売

  • クリスマスケーキ

2015年12月18日~12月25日

Noel de bijoux

  • アンバータイム~大人女子のウイスキーの楽しみ方~

2016年2月14日

サントリーとタイアップしたウイスキーのセミナーやブッフェ付きイベント

  • ガーデンアイランド アメニティー

2016年6月~9月

お化粧室に女性が喜ぶアメニティーを用意(ディフューザー、ハンドソープ、消臭スプレー、メイク用綿棒)

  • 午後の紅茶タイアップ商品~ガーデンピクニックティー~

2016年7月1日~8月31日

キリンビバレッジ「午後の紅茶」とタイアップしたアフタヌーンティーを販売。オリジナルドリンクや、料理などを考案。ピクニックスタイルな新たなアフタヌーンティー。

  • ハロウィン各メニュー

2016年10月1日~

出典:TOKYO HONEY PROJECT -Back Number-

スイーツやベリーベリーブリオッシュフレンチトーストクリスマスケーキといったスイーツから、ヘルシーさやビューティーに関連した商品、さらにはビールまでと守備範囲がとても広いです。

注目したいのは、女性の視点からオリジナルクラフトビールを作ったり、ウィスキーの楽しみ方を提案したり、これまで力を入れていなかったハロウィーンフェアを初めて行ったりと、「TOKYO HONEY PROJECT」が発足していなければ、実現しなかったものが多かったことです。

資生堂やワコール、ローソン、キリンビバレッジといった、大手メーカーと提携したりと、コラボレーションにも積極的です。

2013年にはローソンと提携して「はちみつレモンツイスト」「チーズクリームハニーデニッシュ」の2つのパンを開発しました。どちらとも女性が好きなハチミツを使った優しい味わいのパンで、「チーズクリームハニーデニッシュ」は4個入りで少しずつ食べられ、袋にもしまえるようになっています。5ヶ月もかかって100個以上の試作品を作るなど、味にも妥協はありません。

ホテルがコンビニエンスストアとコラボレーションするのは非常に珍しいことですが、東京プリンスホテルの中にローソンがテナントとして入居しており、既にコネクションが築かれていたことが大きかったということです。

発足した経緯

オリジナルクラフトビール(ザ・プリンス パークタワー東京)
オリジナルクラフトビール(ザ・プリンス パークタワー東京)

では、「HONEY PROJECT」はどういった経緯で発足することになったのでしょうか。

それは、ホテルを利用する女性客の満足度を高めようとして、女性の有志が集まったことがきっかけでした。そして、活動を進めていくにあたり、当時の総支配人(現在は東京シティエリア統括総支配人専務執行役員)であった武井久昌氏に、女性プロジェクトの意義を説明し、見事プロジェクト化が認められたのです。

公式プロジェクトになったことは、大きな意味がありました。総支配人から認めてもらうことは、重要なプロジェクトであるとお墨付きをもらえたということなので、同じ現場にいる上司や同僚から、「TOKYO HONEY PROJECT」に時間を割くことが理解されます。

「TOKYO HONEY PROJECT」のメンバーが堂々と集まり、表立って開発を進めていくことができるのは、モチベーションを維持する上でとても大切なことでしょう。また、経費が必要になった場合には、マーケティングの経費として計上されるので、予算の関連でスムーズに進めることができます。

進め方

最初の頃は「TOKYO HONEY PROJECT」の全メンバーが月1回集まり、60分に渡って議論していましたが、最近では扱う商品も多くなって時間が足りなくなってきました。そのため今年からは、会議の時間を90分に拡大しています。

また、18人が同時に議論して進めることは難しいので、6人ずつの3チームに分かれて効率よく進めています。このチームのメンバーは、同じ職種が集まらないようにバランスよくアサインされています。

今後の商品

ますます活躍の場を広げている「TOKYO HONEY PROJECT」ですが、近々世に送り出される商品をいくつか見てみましょう。

クリスマスケーキには、毎年必ず「TOKYO HONEY PROJECT」が考案したものが1つはあります。2016年は「素敵な靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる」という言葉からヒントを得て、ハイヒールの形をした「アン パ ドゥ ブリュス」を販売します。

「TOKYO HONEY PROJECT」メンバーには、中国料理の調理部門で働く女性がいるので、中国料理「陽明殿」のランチメニューを考案して提供する予定です。実は「TOKYO HONEY PROJECT」が中国料理の商品を手掛けるのは初めてになります。こってりしているというイメージのある中国料理で、いかにして女性が興味を引くものを考えられるのか、ヒットメーカーである「TOKYO HONEY PROJECT」の飛び行く先に注目です。

京王プラザホテル

女王のフルーツサンド(京王プラザホテル)
女王のフルーツサンド(京王プラザホテル)

女性が活躍しているホテルと言えば、京王プラザホテルを忘れてはなりません。京王プラザホテルでは女性の役職者が非常に多く、特に驚くのはレストランにおける役職者の多さです。

  • 中国料理「南園」

店長 田崎律子氏

  • フレンチ&イタリアン「デュオ フルシェット」

店長 高松紘子氏

  • フードブティック「ポピンズ」

店長 井村理恵氏

  • 懐石「蒼樹庵」

女将 土屋陽子氏

※京王プラザホテルでは店長が店のマネージャー

※女将は店長ではないが、店長相当の責任者

ホテルのレストランではサービススタッフに女性は少なくないもの、マネージャーとなるとほとんど見当たりませんが、京王プラザホテルではいくつもの主要なレストランで女性がマネージャーを務めています。

意図的に女性の役職者を増やそうとしたのではなく、実力のある人物を評価していったら、たまたま女性の店長が多くなったということです。

また、シェフパティシエではなく、女性パティシエの望月希美氏や小尾奈央氏がスイーツブッフェのメニューやクリスマスケーキの新しい商品を考案するなど、女性に裁量が与えられ、活躍しています。

チェシャ猫ロールケーキ(京王プラザホテル)
チェシャ猫ロールケーキ(京王プラザホテル)

「樹林」ではデザートブッフェが人気となっていますが、実は「不思議の国のアリス」をモチーフにしたデザートブッフェはこの京王プラザホテルが最初でした。

2度目となる2016年のアリスフェアでは、アリスが大好きな女性たちと京王プラザホテルのスタッフから構成される「アリスイベント委員会」を発足し、デザートブッフェにより磨きをかけたり、新たな女子会プランやウェディングプランを考案したり、女性受けするネーミングを練ったりと、「アリスイベント委員会」が大切な役割を担っています。

京王プラザホテルでは、レストランの店長やパティシエ、さらには、「外部の女性」も活躍するなど、様々な関わり方で女性が活躍しているのです。

「女性が活躍するホテル、女性プロジェクトが成功するために必要な3つのこと(後編)」へと続きます)

関連記事