今回は長編をお届けします。今一度、スマートフォンが身近な生活をアップデートし続けている理由について、日米の視点、テクノロジーとライフスタイルの視点、そして巨大テクノロジー企業とビジネスの視点から考えます。