Facebookのデータスキャンダルのまとめ

2日間、10時間にわたり米国議会委員会での証言を行ったマーク・ザッカーバーグ氏(写真:ロイター/アフロ)

Facebookのデータスキャンダルについては、あまり日本で関心が持たれていないようです。しかし米国では非常に高い関心が寄せられ、メディアも多くの時間を割いて報道しました。8700万人の情報がFacebookから採集され、選挙対策などに流用されたという事実は衝撃を与えています。

しかしそんな米国の人々も、「InstagramがFacebook傘下である」ということを6割の人は知りませんでした。またFacebookをはじめとするウェブやアプリの広告の仕組みについて知っている人もわずかで、議員の質問もそうした乏しい理解を反映するものでした。

有料記事で、こちらについてまとめます。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年4月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事3本)

2018年4月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ