選挙演説まがいの国連演説につくづく米国は情けない

フーテン老人世直し録(326)

長月某日

 トランプ大統領の初の国連総会演説はまるで支持者を前にした選挙演説のようだった。国連加盟国である北朝鮮、イラン、シリア、ベネズエラ、キューバを「ならず者国家」と名指し、中でも北朝鮮を「完全に壊滅させる」と威勢良いところを見せた。

 しかし支持者を前に本当のことを言う政治家などフーテンは見たことがない。支持者を前にすれば喜ばすために嘘を言うのが政治家の本性である。従って選挙演説を信じて一票を入れる国民は大体がバカを見ることになる。

 問題は無知な大衆を前にした選挙演説と世界193か国が加盟する国連総会演説とでは意味が異なる。トランプが支持者の前でどんな嘘をつこうが米国民が選んだ大統領だからお好きにやればと思うが、国連総会の演説でお好きに嘘を言われたのでは世界各国は迷惑だ。トランプの演説を聞いてフーテンは臆病で情けなくなった米国の姿を感じた。

 1991年に旧ソ連が崩壊し冷戦が終わった時、米国議会情報を日本に紹介する仕事をしていたフーテンにとって米国の一挙手一投足はすべてが新鮮で驚きだった。ワシントンは新たな時代を迎える緊張感に満ち議会でまず議論されたのはCIAの見直しだった。

 CIAは冷戦で生み出され対ソ諜報を担う組織だから廃止を前提に見直すというのである。冷戦によって作られた組織や仕事をすべて見直すという米国の徹底ぶりに驚き、それならソ連を仮想敵とした日米安保体制も見直す必要があるとフーテンは思った。

 そうした議論の中で米国が最も懸念したのはソ連の核技術流出である。にわかに中東と北朝鮮の核疑惑に目が向けられた。北朝鮮は旧ソ連の技術で原子力発電を行っていたが、旧ソ連は平和利用以外認めず、北朝鮮はNPT(核拡散防止条約)を締結しIAEA(国際原子力機関)の監視下に置かれていた。

 ところが93年に北朝鮮はNPTを脱退する。クリントン政権は94年に北朝鮮の核施設空爆を決断するが、韓国に甚大な被害が及ぶことから爆撃は直前に停止された。米朝交渉によって一時的に危機は回避され北朝鮮もNPTに復帰した。

 北朝鮮が再びNPTを脱退するのは02年にイラク、イランと並びブッシュ(子)大統領によって「悪の枢軸」と名指しされた後である。しかも米国は03年に国連に対し「イラクに大量破壊兵器がある」と嘘の報告を行い、先制攻撃によってサダム・フセイン大統領を捕らえて死刑にした。

 それを見せつけられ金正日は05年に核保有を公式に宣言、06年にはミサイル発射と一回目の核実験を行う。核を持たなければサダム・フセインの二の舞になるというのが理由である。つまり北朝鮮を核武装させたのは他ならぬ米国なのだ。一方でその頃から米国と北朝鮮の間には水面下の交渉パイプが出来た。

 ブッシュ(子)大統領のイラク戦争は中東にISを誕生させ、アフガン戦争も米国をベトナム戦争以上の泥沼に陥れた。そのためオバマ大統領は中東からの軍撤退に全力を注ぐことになる。軍事的にも財政的にも「世界の警察官」を務めることは無理となり、北朝鮮との二正面作戦などできない話だった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年9月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2017年9月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月19(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

世界を発見する、想いを伝える