甘利スキャンダルで思い出す小泉政権の「年金未納」という策略

フーテン老人世直し録(198)

睦月某日

総額3.3兆円の平成27年度補正予算案が2日間の代表質問と衆参それぞれ3日間の委員会審議を経て成立した。1億総活躍社会を実現するためと称して低年金の高齢者に3624億円を支給することや、TPPで打撃を受ける農家への支援策に3403億円が盛り込まれるなど、野党から選挙対策の「バラマキ」と批判される予算案である。

その議論の中身の低調さを書こうとしていたら、甘利経済再生担当大臣の「政治とカネ」のスキャンダルが飛び出した。今年の世界はサウジとイランの断交、北朝鮮の核実験、止まらぬ原油安・株安と「激震」続きだが、「一強多弱」の日本政治も何が起きるか分からない「大乱」の様相を帯びている。

21日の参議院決算委員会では野党各党が甘利大臣を追及したが、大臣は「記憶が曖昧」などと答弁して説明を先送りした。おそらく甘利大臣はスキャンダルを暴露した側と週刊文春がどれほどの材料を握っているか、また暴露の真意が何かをまだ探り切れていないのではないか。フーテンも記事を読んで暴露の真意を図りかねた。

記事には「カネをたかられて憤りを感じたから」と書かれているが、それを素直に信じる気にはなれない。安倍政権の中枢を撃つ暴露を決断するには何かそれ以上の理由があるはずだ。甘利大臣はそれを探るための時間稼ぎをしているようにフーテンには見える。

記事を読む限り甘利大臣は政治資金規正法違反とあっせん利得処罰法違反に当たる可能性が高い。しかし暴露した側が甘利大臣側とのやりとりをすべて録音している事や口利き料の50万円の札の番号が分かるように写真に撮っている事などにフーテンは用意周到すぎるという引っ掛かりを感じる。

「多弱」の野党はスキャンダルに飛びついて追及を強める構えだが、追及するには記事に頼るだけでは駄目である。この時期に何を目的に暴露されたかを独自に探り出す必要がある。そう言いたくなるのは、かつて年金未納問題で民主党が自民党を追及した挙句にそれがブーメランとなって自滅した例を思い出すからだ。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2016年1月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事7本)

2016年1月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ