大阪ダブル選挙のややこしい民意を読み解く

フーテン老人世直し録(186)

霜月某日

大阪府知事と市長のダブル選挙は共に大阪維新の会が大差で勝利した。今年5月の住民投票で「大阪都構想」が否決されてから半年、大阪の民意は一転して「大阪都構想」への再挑戦を掲げる候補を選択したのである。このややこしい民意をどう読むか、単純に割り切れる回答は出て来ないが、フーテンなりの解釈を開陳する。

2年前の堺市長選挙で「大阪都構想」に反対する現職が当選した時、フーテンは「大阪都構想の挫折」というブログで「大阪都構想は大阪人の東京コンプレックスをくすぐるだけでこの国の統治構造の改革にはならない」と書いた。

かつて大阪は「東京が政治の中心」であるのに対し、「商人の町=経済の中心」としての誇りを持っていた。しかし官僚が大きな力を持つ中央集権体制は戦後の高度経済成長と共に「東京への一極集中」を加速させる。

その結果、大阪を本拠とした銀行や総合商社が80年代から90年代にかけて軒並み東京に本社機能を移した。新聞の全国紙もテレビのキー局もすべて東京にあり大阪はただのローカルに過ぎない。大阪のお笑い芸人はテレビで売れるようになると東京に住んで大阪に住まない。みんなが大阪から出ていく。大阪人はその悲哀を味わってきた。

「民」の心を持つ大阪商人は「官」の支配する東京への反骨精神がある。自民党と社会党が対立した55年体制の時代、大阪だけは選挙で他の地域より共産党や公明党に多くの票が入り、政権を担う自民党が最も気を遣わなければならない土地柄だった。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2015年11月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2015年11月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ