岸信介の遺産を破壊する安倍総理

フーテン老人世直し録(108)

神無月某日

 かつて世界で最も理想的と言われた日本の年功序列賃金が見直される運命にある。安倍総理は政労使会議で「年功序列賃金の見直し」に言及し、来年の春闘ではそれが焦点の一つになりそうだ。またパナソニックやソニー、日立などの企業ではすでに取り組みが始まっており、年功序列賃金に対して「年齢差別」との批判も出てきた。

 これは戦後の日本が驚異的な経済成長を成し遂げ、なおかつ世界で最も格差の少ない国家を作り上げたやり方を全面的に改め、アメリカに代表されるアングロ・サクソン的価値観の国づくりへの転換を意味する。安倍総理がその旗振り役なら、祖父の岸信介氏らが創りだした日本型資本主義を孫が破壊する話になる。

 冷戦を終結させ、最初で最後のソ連大統領となったミハイル・ゴルバチョフ氏は、かつて日本を「世界で唯一成功した社会主義国家」と呼んだ。経済を自由市場に任せるのではなく、政府が計画的な産業政策によって民間企業を誘導し、貧富の格差のない平等社会を創りだしたからである

 それを可能にしたのは「年功序列賃金」「終身雇用制」「企業別労働組合」という日本特有の制度にあった。中でも年功序列賃金は社会主義のレベルを越え、共産主義のレベルにまで達する理想の制度として評価された。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾」第一期(令和2年9月~令和3年11月)会員を募集します。オンラインで奇数月の日曜日にコロナ後の世界を考える田中塾長の講義とQ&Aを行い、年1回程度交流会を開催します。入会金と会費で6千円。http://bit.ly/2WUhRggまでお申し込みください。ご入会をお待ちします。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。