戦前の「未完のファシズム」は今になって甦るか

フーテン老人世直し録(107)

神無月某日

片山杜秀著『未完のファシズム』(新潮選書)に刺激を受けた。我々は戦前の軍部が天皇権力を後ろ盾に独走し、無謀な戦争に突入していったと教えられたが、むしろ独裁権力が現れないように設計された明治憲法体制によって軍部は独走し、現実を無視した精神主義に陥った歴史の現実を教えられたからである。

フーテンは中曽根政権時代に政治記者として、田中角栄、中曽根康弘、金丸信の三つ巴の権力抗争を目の当たりにした。稀代の政治家たちが政治の奥の院で繰り広げた抗争劇はとてもニュースにできるような単純な話ではない。まさに歴史劇を見る思いだった。政治記者を辞めた後にそれを『裏支配』(講談社)として出版したが、フーテンはその抗争劇の中から「権力の手触り」、「政治の奥深さ」を知った。

「政治はサイエンスにあらずアートである」。それがフーテンの実感であった。学校で習った民主主義、議院内閣制、三権分立などの政治用語を理解してもこの国の政治を理解する事は出来ない。そしてこの国の構造も学校で教えられたものではない。誰が動かしているのか。それが分からない。フーテンは山本七平の言う「空気」と思うしかなかった。

ところが『未完のファシズム』を読んで、明治政府の作り出した近代日本の統治構造が、誰にもリーダーシップを取らせず、タコツボが縦割りのままに暴走し、従って誰も責任を取らない構造になっている事を知った。明治政府が作り出した官僚主導の統治構造は今の時代も続いている。明治の元勲が作った構造に代わる統治の仕組みを創る者が次の時代を作る事になる。

片山氏によれば明治憲法は二元体制を作った。立法府に衆議院と貴族院を作り、そのどちらにも優位性を与えず、従ってどちらかが反対すれば法案は成立しない。また行政府にも内閣と枢密院があり、内閣総理大臣にリーダーシップを与えない。さらに軍隊は立法府にも行政府にも司法府にも属さず、陸軍と海軍を統合する組織もない。結局はすべてをバラバラにして天皇だけが「上御一人」となる構造である。

では天皇にリーダーシップがあるかと言えばそれもない。片山氏は昭和15年に民政党の代議士斉藤隆夫が行った有名な「反軍演説」の中に「我が皇道の根本原理は『うしはく』に非ずして『しらす』ことを以て本義とする」という個所がある事を紹介し、その意味を解説する。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年10月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年10月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」10月28日(月)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ